妻宛てに、昔の男から手紙が送られてきた(涙)

美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛んだ奥さまと、3歳になった息子を育てる樋口毅宏さん。今回は2018年11月26日と27日の日記をお届けします。前回の日記はこちらからどうぞ。

11月26日

昨夜はかずが俺とふさの間に入ってきて無理くり寝た。

今朝は顔を蹴られて起こされた。

ふさ耳鼻科。

レントゲンも撮ってもらったら、左の鼻の方だけ白く写る。

ふさ「膿が溜まってるんだって(左だけ)」

俺「しかもアレルギーがあるからなかなか治らない」

そうそう、ふさから、実に興味深いお手紙を読ませてもらった。

小学校のときの男の同級生がABC「キャスト」で、ふさを観たという。

「三輪さんは明るく、元気で頭も良いし、スポーツも万能で羨ましく、興味もありました」

「でも他の人にちょっかいを出して泣かしたら、三輪さんが出てこられて、口頭ですがマシンガンのように攻撃され、私はその場で泣いてしまいました」

「当時は子どもながらに悔しいのと恥ずかしいのと入り混じった感情をよく覚えております」

「私はもうすぐ42歳になりますが、後にも先にも女性の方に泣かされたのは三輪さんだけです。私が思うにそのときから弁護士の素質があったのでしょうね」

ごめんなさい、Oさん。あなたからの私信をここで紹介して。

だけどOさんの手紙に、日夜ふさこのマシンガンで、蜂の巣にされている夫は励まされました。ありがとうございました。

お手数をくださったOさんは現在京都で造園業を営んでいるという。

どうぞお互いがんばりましょう。

あなたは泣かされたのが一度で済んで良かったと思います。

しかしふさこは幼い頃から、ふさこだったのだな。三つ子の魂百まで。

11月27日

顔を蹴られて起こされる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Baby Don't cry 〜赤ちゃんと俺とキレ妻と〜

樋口毅宏

伝説の育児日記が帰ってきた!『おっぱいがほしい!——男の子育て日記』で、各方面を騒然・唖然・呆然とさせた作家の樋口毅宏さんが、満を持してcakesで続編をスタート!美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛ん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Miken3neko 手紙の内容がひどい………https://t.co/k2vs8TJJeE 約2ヶ月前 replyretweetfavorite