退職は「逃げ」ではなく、「市場を変える」とも言える

転職でわかったことは、「職場が変わると自分という商品の評価が変わる」ということ。
今回の連載では、自らの転職を振り返り、マーケティング的に分析してみた。

ブスの作業 25 「市場を変える」という選択

注:本連載開始から「読者が実際に手と頭を動かす箇所」として、「ブスの作業」を提示している。「ブスの作業1~24」を読みたいあなたは、前回までの連載を見てネ。

はじめての就職先をすぐに辞めてしまったことは、大きな挫折体験だった。

石の上にも3年。最低でも3年はしがみつきたかった。

でも、「仕事ができない子」という評価と、満員電車に耐えられなかった。

辞めたときに、はっきりと、

「逃げてしまった」

と思った。  
優等生体質で、体面を気にする自分にとって、「我慢できずに断念した」というのは、受け入れがたいことだった。  
しかし、いま振り返ると、あのときに辞めてなかったら、間違いなく病気になっていたと思う。撤退が正解だったのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ブスのマーケティング戦略

田村麻美

税理士、大学院生、一児の母、そしてブスである田村麻美さんによる、「ブスが幸せな結婚&ビジネスでの成功」をかなえるための戦略論。誕生から、受験、処女喪失、資格取得、就職(即退職)、結婚・起業するまでの物語を赤裸々に記した半生記と、結婚・...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

fugu_venezia わたしは日本→イタリア。市場を変える、という考えかたが、主体的で、戦略的でいいなーと思いました。 8ヶ月前 replyretweetfavorite