歯が痛いときは味噌を詰めていた時代。なんてあったっけ?

幻冬舎×テレビ東京×note「コミックエッセイ大賞 」審査員特別賞作品、「ひぐらし日記」を大幅リライトした「新ひぐらし日記」は第二回です。今回は鮮血もほとばしる、保育園時代の虫歯の思い出です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新ひぐらし日記

日暮えむ

日本最大の流域面積を持つ利根川。繰り返し氾濫を起こし、坂東太郎(関東で一番大きい者の意)の名で知られたこの川の下流域で、昭和平成令和時代を過ごしてきた日暮えむさん。四十年以上に渡って詳細に付けれた自身の日記を元に、失われたその時代をマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

takifri13 昔は歯の事って重要視してなかったなー 6ヶ月前 replyretweetfavorite

kyon24802356 みそっぱに味噌!衝撃でした…🙀!! 歯のケアって、短い間に劇的に変わったんだなぁと実感です。 10ヶ月前 replyretweetfavorite

doguco 不思議に、読み終わったら左目が泣いてたドグ。懐かしさなんだドグかな。(*´Д`) ノスタルジーがすごい。   11ヶ月前 replyretweetfavorite

die_kuma インターネットより少し前の記録って全然アーカイブされてないって話あるけど、まさしくこれがそうなんじゃないかな。すごく貴重な連載だと思う。 11ヶ月前 replyretweetfavorite