日本型資本主義を生んだ 渋沢栄一の思想と行動

【西洋の技術と東洋の道徳規範を融合】
中村宗悦(大東文化大学経済学部教授、大東文化歴史資料館館長)

1883年撮影。渋沢史料館所蔵

 「日本資本主義の父」と称される渋沢栄一。生涯を通じてさまざまな事業を起こし、また、それらの事業を継続して発展させる、企業者としての活動に精力を傾けてきた。

 渋沢が関わった幾多の事業群には、大きく二つの特色がある。

 第一は、西洋の新しい技術や知識をベースにした事業が非常に多いということ。

 第二は、近代社会の基盤(インフラストラクチャー)形成に関わる事業を通じて、日本の経済社会全体の発展を目指したことである。

 もちろん、その両方の特色を有する事業も多数存在する。渋沢が1873年の創立から1916年まで総監・頭取の地位にあった第一国立銀行(後の第一銀行)が、その一例である。

 金融という、社会基盤を担う銀行業に類似するものは江戸時代にすでに存在していたが、渋沢はそこに西洋式簿記などを導入して発展させた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年5/11号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-05-07

この連載について

初回を読む
令和」の顔 渋沢栄一解剖

週刊ダイヤモンド

「令和」という新時代の幕開けとともに、紙幣の刷新が発表された。新たな1万円札の“顔”となるのは、渋沢栄一である。「日本の資本主義の父」と称される男は何を成し遂げたのか、解剖する。 ダイヤモンド編集部・大矢博之、深澤 献  ※『週刊ダイ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード