ダイヤモンド」が伝えた渋沢栄一の実像(3) 1931年11月21日号より

松方五郎(東海生命社長)による渋沢栄一の思い出

松方正義・元内閣総理大臣の五男で、東海生命(後に第一生命に合併)、東京瓦斯電気工業(いすゞ自動車、日野自動車などの前身)などの社長を務めた。1931年11月11日の渋沢の卒去に伴う寄稿とみられる。

 澁澤翁は、論語とそろばんの教えを垂れられた人である。いつの世においても実業家はとにかく物質方面にばかり走るものだ。欲の追求に日もこれ足らず、欲は欲を生んで、その追求に自らの墓穴を掘るというのが常例で、精神の重要を閑却する傾きがあるのだが、この中にあって、翁は実業と道徳の両立すべきものであり、実業は道徳の基礎の上に置かねばならぬことを敢然として主張されたのである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年5/11号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-05-07

この連載について

初回を読む
令和」の顔 渋沢栄一解剖

週刊ダイヤモンド

「令和」という新時代の幕開けとともに、紙幣の刷新が発表された。新たな1万円札の“顔”となるのは、渋沢栄一である。「日本の資本主義の父」と称される男は何を成し遂げたのか、解剖する。 ダイヤモンド編集部・大矢博之、深澤 献  ※『週刊ダイ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード