桃山商事の恋バカ日誌

アプリで出会った男が自分の話しかしなくてゲンナリ

「失恋ホスト」として数々の恋愛相談を受けてきた恋バナ収集ユニット「桃山商事」の3人が、さまざまな角度から恋バナ談義を繰り広げるこの連載。今月のテーマは「恋愛と貸し借り」。まずはデートでの貸し借りに関して、おごりたい心理とおごられたくない心理、そして、ワッコさんが出会った”100質”男について語っていきます。

デートのお会計で発生する“4800円問題”とは!?

【登場人物】

清田隆之
桃山商事・代表
1980年生まれの文筆業

森田雄飛
桃山商事・専務
同じく1980年生まれの会社員

ワッコ
桃山商事・係長
1987年生まれの会社員

清田 桃山商事の恋バナ連載、今月は「恋愛と貸し借り」について語っていきます。

ワッコ なんだそれっていう感じのテーマですね。

森田 「貸し借り」という言葉からは、やっぱりまずお金が連想されるかな。

清田 それでいうと、俺、少し前にローンの審査が通らなかったことがあったんですよ。

ワッコ 突然のリアルな話!

清田 フリーランスはお金を借りるのが難しいんだなって痛感しました……(泣)。

森田 それはそれとして、恋愛でいうと、例えば「誘うのはいつも自分ばかり」とか、「相手に尽くしすぎて苦しくなる」、「負い目があって自分の希望を言えない」みたいな感情が貸し借りに関係してるのかなと思う。

ワッコ 確かに、お金やモノ以外のやりとりでも貸し借りの感情は発生しますよね。

森田 このテーマ、元々は『借りの哲学』(ナタリー・サルトゥー=ラジュ、太田出版)という本に着想を得てるんだけど、その本によると「あげたもの」よりも「もらったもの」が多いと感じたときに発生するのが借りの感情で、その逆が貸しの感情ということになる。

ワッコ なるほど……「やってるのはいつもこっちじゃん!」みたいな不満は、貸しの感情が大きくなっちゃってるってことなのかな。なんか、いろんなところですれ違いが起きてそう。

森田 あげた側は貸しの感情を持つけど、もらった側は借りの感情を持たないような場合もあるだろうしね。一方で、もらった側が過剰に負い目を感じてしまうこともある。

清田 感情的な上下関係みたいなものも出てきそう。

森田 この連載でたびたび取り上げているおごる・おごられる問題なんかは、まさにそういう話なのかなと。ワッコはおごられるのがイヤだと常々言ってるよね。

ワッコ おごってもらったら、その分だけ何かしなければという気持ちになるんですよ。「ほめなきゃいけないのかな」とか、「また会わなきゃいけない流れなのかな」とか……特に相手が権力ある系のおじさんだと、つい心のチンポをヌキヌキしなきゃと思ってしまう。

清田 ヌキヌキ問題(笑)。

ワッコ 自分もお金を払えば、その場で感情的にも清算できるからラクじゃないですか。わたしは先輩とかにおごってもらうのも苦手ですね。買収された感じがするんですよ。以降、その先輩に従わなきゃいけないのかなっていう。

森田 この人におごられるのは怖いな、というのはわかる気がする。

清田 何を期待されてるんだろうっていう怖さだよね。

ワッコ そういえば昨日、マッチングアプリで知り合った男性と会っていて、そういうモヤモヤを抱きましたね。

森田 タイムリーだなあ。

ワッコ まずごはんを食べて、そこはワリカンだったんですけど、二軒目の飲み屋の会計が4800円だったんです。超困ったことに、2人とも1万円札しか持っていなかった。

清田 何が困るの?

ワッコ どっちが払っても、お釣りが5200円になるじゃないですか。

森田 確かに!!!! うまく分配できないやつだ。それ、もしも会計が5200円だったら分けられるもんね。

ワッコ そうなんですよ。で、その時は「じゃあ1万円でそちらに払ってもらって、わたしが自分の1万円を両替えするから、そこから払うわ」という提案をしたら、それを断られたんです。「次でいいよ」って。

森田 「次でいいよ」ね……。

ワッコ でもわたしは「次」は絶対ないなと思ってたんです。

清田 (笑)何としても、その場で払いたかったのね。

森田 これ、4800円問題と名付けよう。新しい問題提起だよ。

ワッコ 2000年問題みたい! 4800円、本当に絶妙なんですよ……。

森田 結局どうしたの?

ワッコ 彼もよかれと思って言ってるんだろうから、あまり強く断るのもちょっとなと思い「あぁ、そうだね」って感じで解散しました。それが昨日からずっと気になっている。

清田 「次でいいよ」をのんだわけね。

ワッコ 清算できずでした。

森田 両替するって言ってるんだから、させてくれりゃいいのにねえ。

ワッコ そうなんですよ~! なんでそこで払いたがるんですかね。

清田 彼としては次につなげたい気持ちがあったんだろうし、あと、これは想像でしかないけど、わざわざ両替してもらってお金を受け取るという行為のみみっちさも気にしたんじゃないかな。

ワッコ それは男らしさ案件ですか。

清田 そうそう。これは俺の持論なんだけど、おごりたくておごる男ってそんなにいないと思うんだよね。みんなケチだなと思われるのが怖くて金出してんじゃないかなと。

森田 「わざわざ崩してお釣りを受け取る」という、ちまちました感じを受け入れられなかったってことか。

清田 大事なのはあくまでメンツで、彼からしたら、実はそんなに「貸し」をつくっている感覚もないんじゃないかなあ。

森田 でも、おごられた側は「借り」の感情を持ってしまうよね。それこそ金銭的な負債もあるわけだし。

ワッコ わたしとしてはこのまま自然消滅に持って行きたかったんですよね。「次でいいよ」と言われたことで、うやむやにできなくなってしまった。2400円払わなかったってだけなのに、ストレスがすごくて……。

“100質”男の実態

森田 ちなみに、ワッコが「次もないな」と思ったのはなんでだったの?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
桃山商事の恋バカ日誌

森田雄飛(桃山商事) /清田隆之(桃山商事) /ワッコ(桃山商事)

2001年の結成以来、「失恋ホスト」として1000人以上の男女から恋のお悩みやエピソードを聞き続けてきた恋バナ収集ユニット「桃山商事」がお届けする、新感覚の恋バナ談義。普段ほとんど語れることのない恋愛の様々なテーマを毎回ひとつ取り上げ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

frog88 そういえば、前回の桃山商事のこれ、4800円問題と貸し借りの話、面白いなって。: 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

shiho_jule こういうの男女問わず多いけど、話題や質問を一方的に提供されて当然と思ってる人種って誰に需要あるの? 滅んで欲しい。一方的に喋り続ける奴も。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

nina__jo 分かる~聞き役に徹した飲み会では誘われるが話を仕切った場合は次につながらない! 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

robotenglish わかりみが深すぎて読んでて辛いくらい😂 約2ヶ月前 replyretweetfavorite