小籔千豊「人生会議」ポスターに感じること

お笑い芸人の小籔千豊を起用して作成された厚生労働省「人生会議」のポスターに批判が殺到しました。賛否両論まきおこったこの一件、いったい何が問題だったのでしょうか。武田砂鉄さんが考察します。

そもそも「人生会議」とは

小籔千豊が酸素チューブを鼻に入れた入院患者を演じた厚生労働省「人生会議」の啓発ポスターが批判を受け、自治体への発送をやめた件が話題になった。ベッドに横たわった小籔が顔をしかめながら、「まてまてまて俺の人生ここで終わり? 大事なこと何にも伝えてなかったわ」に始まる長文のつぶやきは、「こうなる前に、みんな『人生会議』しとこ」と締めくくられる。厚生労働省は「患者団体の方々等から、患者や遺族を傷つける内容であるといったご意見を頂戴」したことを理由に、公開・掲載を停止した。

「人生会議」とは、「ACP (アドバンス・ケア・プランニング)」の愛称。「人生の最終段階における医療・ケアについて、本人が家族等や医療・ケアチームと繰り返し話し合う取り組み」(厚生労働省)を広めるために、2018年から使用されてきたものだが、正直、耳馴染みがない。「人生会議」との愛称が選ばれた理由には、「意味が明確な単語の組み合わせにより、日常会話に浸透していくことが期待できる」「家族等、信頼できる人たちと輪を囲んで話し合う、というイメージが湧く」とある。病床で独り、苦い顔をしているポスターの出来を見ると、その狙いからは明らかに逆行している。

国家が「人生」に介入してくる感覚
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

oittar #スマートニュース 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

Tomokyo_ わかりやすい。 こわいなあ… 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

2525slow ヨシモト芸人もジャリタレも要らない… 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

gappai https://t.co/BeZ1UtLF0S 約1ヶ月前 replyretweetfavorite