男の手を離れたくて、レズビアン風俗を利用したのに……

今回、牧村さんのもとには電車で性被害にあった女性からのお悩みが届きました。男性の手の届かない場所で落ち着きたいという気持ちからレズビアン風俗を利用した相談者さん。しかし知人に「風俗で癒されるなんて男と一緒じゃん」と言われて後ろめたい気持ちになったそうです。牧村さんは相談者さんに寄り添いながら、この言葉から垣間見える社会のいびつな構造について考えていきます。


※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。

読者の皆さまから頂いたご投稿を元に、「なんとなく“これこそがハッピーエンドだ”と言われている方向へ流されて人生を終わりたくないわね、一緒に考えましょう。流れの中をどう泳ぐ?」ってことを考えるこちらの連載、「ハッピーエンドに殺されない」。

今回は、「男性からの性被害に遭った。男性の手の届かない場所で落ち着きたくて、レズビアン風俗で抱きしめてもらったが、後ろめたい」というご投稿です。

ちなみに前置きですが、わたし、こと、牧村朝子個人は、現実に起こった出来事に対して「痴漢」という言葉を使わないと決めています。

「漢」の字にはもともと「男性」の意味もありますが、わたしは性別に関わらず、

●現実でない、AVやイメージプレイのジャンル名……「痴漢」
●現実……「犯罪」「条例違反行為」「性暴力」など、場合によって

という使い分けをしています。

これは、フィクションと現実とをきっちり線引きするためです。 この線引きには、

●フィクションとしての痴漢を好む性的嗜好の持ち主が自分を責めずにフィクションの枠内で楽しめるように
●現実の犯罪・暴力に苦しむ人がフィクションのイメージで見られるような二重の暴力から守られるように

という願いを込めています。過去記事にもご紹介した通りで、わたしの個人的選択です。他人に押し付けるつもりはありません。

今回ご投稿くださった方は、「痴漢」という言葉を使っていらっしゃいます。これを、この言葉で呼ばれるフィクション作品と混同せず、「男性は加害者/女性は被害者」という単純すぎる構図にも落とし込まずに考えていきたい、というのが、今回の基本姿勢です。

では、ご投稿を読んで考えていきましょう。

今年に入ってから電車で痴漢にあいました。
その後心身に不調をきたし電車に乗れず仕事場でも背後を誰かが通ると落ち着けず、不安な日々を過ごしていました。

自分の中で様々な負の感情が噴出して悲しくなったりし、余計なことを言われず優しくされたい、できれば私を傷つけた、男の手が届かない場所で落ち着きたいと感じ、レズビアン風俗を利用しました。

詳しいことを聞かずに手を握ったり抱きしめてもらったり、女性として女性に優しくされたことで落ち着き、前に進めたような気がします。実際落ち着きましたし、乗り越えるとはいかないまでも冷静に裁判などにも向き合えました。

もちろん金銭で時間を買わせていただき、その分のサービスをしてもらったとわかっています。

極端だなと自分でも思いますし、知り合いに「風俗で癒されるなんて男と一緒じゃん」と言われるなどしてしまいました。自分も、逃げだったのだろうかともやもやしています。

風俗というと男が利用するもので女はナンセンス、みたいな風潮があって後ろめたくなってしまい、時折「やっぱ自分は不安定だったから間違った方法をとったのでは」とか対応してくれたお姉さんに失礼なことも考えます。

長くなってしまいましたがなにが言いたいかというと、風俗で心の安定を取り戻す、というのは本当に社会的にさげすまれるようなことなんでしょうか。

(一部編集の上、掲載しました)


本当に、ご投稿くださって、胸の内を共有してくださってありがとうございます。

日本社会において痴漢という名称で呼ばれることもあるこの暴力行為をはたらく人の中には、「少し触るくらい」「減るものじゃない」みたいな認知の歪みを抱えた方々もおられるようですが、

モノじゃねえんだ!
心があるんだ!
そっちが勝手に決めないでくれ!
分かったつもりにならないでくれ!!!!

って、きもちよ。
裁判、お疲れ様でした。
一日も早く傷が癒えますように。

しかし……そんな心を、暴こうとせず、分かったつもりにならず感じ取り、「詳しいことを聞かずに手を握ったり抱きしめて」くれるお姉さん、本っ当、プロフェッショナル!

しかもそれが、二人きりの、日常における人間関係から切り離された場所で、体温の伝わる距離感で行われる。こんなサービスをプロフェッショナルから受けられる選択肢の一つとして、レズビアン風俗というものができたことを、わたし個人は、進歩だと思っています。(レズビアン風俗と呼ばれるサービスにもいろいろあるし、お店や個人による良し悪し・合う合わないはあると思うけどね。)

けれど、ご投稿者のお知り合いの方は、こうおっしゃったのね?

「風俗で癒されるなんて男と一緒じゃん」

このワンフレーズに、今この記事を読んでくださっている男性の方、性別に関わらず風俗利用経験のある方、また勤務経験のある方は、どう思っていらっしゃるのかしらと、思いを巡らせています。

「風俗利用はさげすまれるものか、否か」
「風俗は男性のためだけのものか、否か」

このへんを断定することを、わたしは、しないでおきます。だって、わたしが「そうだ!」と言おうが「違う!」と言おうが、あなたが誰とどうするかは、あなたとその人とが決めることだもんね。

で、ご投稿者の方は、お金と敬意をきちんと払い、プロフェッショナルのサービスを受けると決めて行動した。それに対して、こんなふうに言われてしまった。

「風俗で癒されるなんて男と一緒じゃん」

きっと、刺さったんですよね。忘れたいかもしれない。忘れるのも手ですよ。それかさっきの「わたしと相手が決めることに、他人がどう思おうが関係ない」主義を適用するとかね。けど、ご投稿者の方は多分、それだとスッキリしなさそうだなぁと思うんですよ。なぜなら、自分でも自分を責めていらっしゃるようだから。

なので、忘却でも切り離しでもなく、分解・消化を目指していきたいと思います。この発言、人間社会を考えるポイントが凝縮されてると思う。3つのポイントを洗い出してみました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

chanoh0 すごく、ほっとした。 (読めてよかった) 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

0rer0 これ性風俗産業に携わる女性を否定するような言説への回答でもあると思う。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

granat_san ものすごく染み入る回。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

Langerhans_Xntp 読んで https://t.co/nOIec4LJ78 約2ヶ月前 replyretweetfavorite