中学生の時、リアルに思い描いた未来は、全然リアルじゃなかった

百鳥ユウカは、出産に立ち会うと約束したはずだったのに、渋沢の家でアキの出産を知ることになった。

アキが無事出産したことを、渋沢の家で知った。

半裸状態で牛乳を飲みながらスマホを見ていたユウカは、思わず牛乳を吹き出してしまった。

【アニ子の夢工場】というブログで、アキが一人娘を産んだことが報告されていたのだ。

***************************************
<アニ子の夢工場>



3月3日

滞在中の女性が15時間の難産の末、玉のような娘を産んだ。

母子ともに健康。

しかし、父親はおらんので、立ち合いはなし。

ふたりでよく頑張った。

***************************************

そのテキストを読んで、ユウカはさーっと血の気が引いた。

「これはまずい。わたし、出産の立ち合いをしたいって言ってたのに。まさかこんなに早く産まれるなんて……」

あんなにお世話になった人なのに、どんな顔して会ったらいいんだろう?

いや、悩んでる暇なんてない。一刻も早く会いに行かねば!

突然、どたばたし始めたユウカの物音に気づいて、渋沢も起きたみたいだ。

「どうしたの? ユウカさん」

「アキさんが産まれたみたい」

「アキさんは産まれないよ。アキさんの子どもが産まれたんだろう?」

「もう! そんなことはいいから、渋沢さん早く車出して」

渋沢も服を取り出して着替えると、急いで車で読谷村まで向かった。

渋沢の家からだと車で30分くらいの距離だ。

「ほんとに、私なにしてたんだろう? よりにもよってこんな時に」

「ナニしてたんだろう?(笑)」

アキが出産の苦しみにあえいでた時に、たしかにユウカと渋沢はセックスをしていた。

罪悪感が胸の中に充満していく。

「こないだ晶ちゃんが産んだばっかりなのに、また友達が出産で、出産ラッシュだね」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません