BL進化論 セクシュアリティの歴史、BLの未来

BLマンガ家が選ぶ、おすすめ陰間春画3選

江戸時代、文政末期の浅草を舞台にしたBLマンガ『百と卍』。男性相手に春を売る「陰間(かげま)」だった百(もも)と、もと火消しの卍(まんじ)が生きる江戸の様子を詳細に描いた本作は、唯一無二のBLマンガです。作者の紗久楽さわ先生は、尋常ではない江戸通。今回は、浮世絵にも詳しいという紗久楽先生に、陰間が描かれたおすすめの春画3点を、解説つきで紹介していただきます。

※春画には性描写が含まれます。苦手な方はご注意ください。

紗久楽先生のおすすめ春画、その1

溝口彰子(以下、溝口) 今日は特別に、紗久楽さんおすすめの春画を何点か見せていただきます。最初に断っておくと、性器や男性同士のカラミが描かれています! 見たくない方はご注意くださいませ。では、お願いします。


柳川重信『天の浮橋』
(文字をクリックすると画像が表示されます)


紗久楽さわ(以下、紗久楽) まず、柳川重信さんの描いた『天の浮橋』という男色図です。

溝口 下になってる子が、女の人みたいにも見えますよね。

紗久楽 下の子は陰間です。これは江戸後期の絵で、この時期の陰間ちゃんは、女の子とほとんど髪型や服装が一緒だということがよくわかる一枚です。江戸時代の成年男子なら、ふつう髪型は月代(さかやき)ですが、この陰間にはそれがありません。そして、相手はお坊さんです。彼らは公儀上、女性と交わってはいけないので、陰間茶屋に通っているんですね。お顔は結構カッコいいんですが、眉毛がヘンで、好色な感じが出ていますね。

雲田はるこ(以下、雲田) (笑)。じゃあ、お坊さんとのカラミで描かれているのは、女性でなくみんな陰間、となるんですね?

紗久楽 女色に溺れるお坊さんもいますから、そういう題材ならわかりませんが、ぱっと見「お坊さんと女の人」の図でも、局部をチェックすると「陰間だ」となります。

雲田 ほんとだ。ちょっと入ってますね。

紗久楽 この絵は個人のセクシュアリティというか、このお坊さんは好きで通っているのだろうなというところがいいですね。陰間ちゃんの足でまで抱え込んでのしがみつき方もなかなか……。

雲田 もう、顔が物語っていますね(笑)。

溝口 (笑)。紗久楽さんは、描かれている人が好きで行為をしているのかに加えて、描き手が男色を好きで描いているかどうかもわかるということでしたね。

紗久楽 そうそう、たくさん見て、だんだん見慣れてくるとわかるようになるんです。

紗久楽先生のおすすめ春画、その2

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
BL進化論 セクシュアリティの歴史、BLの未来

雲田はるこ /紗久楽さわ /溝口彰子

BL愛好家で研究者の溝口彰子さんが、2019年4月にホスト役をつとめた「フューチャーコミックスPRESENTS~BL進化論 サロン・トーク~VOL.2」の模様をcakesでもお届け! ゲストは『昭和元禄落語心中』や『いとしの猫っ毛』の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kaojizou 今、江戸時代に興味が湧いてるのですげー面白い。漫画も読もう。 https://t.co/XMNDksXwp5 8ヶ月前 replyretweetfavorite

panaco_203 https://t.co/CRDEYCsKaV 今で言うアンソロジーw 8ヶ月前 replyretweetfavorite

sakumariko (私は2枚目の絵が好きです) 8ヶ月前 replyretweetfavorite

yunyunyuan ああこういう話をずっと聞いていたい…ちなみに私の好きな男色春画「三侍」はこちら。ものすごい… https://t.co/wsDU5SfPgK 8ヶ月前 replyretweetfavorite