新旧メディア王者の5つの共通点

20世紀型メディア王の読売新聞グループ本社の渡邉恒雄主筆。
そして21世紀型メディア王のNETFLIX、リード・ヘイスティングス創業者兼CEO。

一見すると全く違う両者には、意外な共通点があった。


拡大する

 販売部数世界一の「読売新聞」を発行する読売新聞グループ本社。傘下には民放キー局で視聴率トップの日本テレビ放送網や出版社の中央公論新社、プロ野球球団の読売巨人軍を有する。新聞を中心とした、グループ売上高1兆円を超えるコングロマリットを形成している。

 その頂点に立つのが「ナベツネ」こと渡邉恒雄代表取締役主筆だ。90年代から政、財、メディア界を牛耳る20世紀型メディア王だ。

 一方、ネットフリックスは映画やテレビドラマシリーズ、ドキュメンタリーを有料で配信する動画配信事業者。米国シリコンバレー近郊のロスガトスで1997年に生まれた企業だ。 2013年から制作を始めたオリジナルドラマは数々の賞を獲得。コンテンツメーカーとしての実績も積み上がっている。会員数は世界で1億4000万人を超え、世界一。インターネットでコンテンツを配信する21世紀型メディア王である。

 隆盛を誇った時代や運営媒体、業界環境、何もかも違う両王者。だが、つぶさに観察してみると、意外な五つの共通点が存在する。それらは、彼らをメディア王たらしめている条件だといえる。次回から、詳細を解説していこう。

※ 『週刊ダイヤモンド』2019年4月20日号より転載(肩書は掲載当時)

週刊ダイヤモンド 2019年4/20号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-04-15

この連載について

NETFLIXとナベツネとコンテンツの未来

週刊ダイヤモンド

メディア王──。コンテンツを届ける産業には、時代ごとに“勝者”が存在する。彼らは人々の日常生活に入り込み、ライフスタイルを変え、世論を動かす。その圧倒的な影響力の源泉は何か。本誌は新旧二つのメディア王に焦点を絞った。読売新聞グループと...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード