華麗に加齢

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。飾らず、自然体でおおらかな性格の彼女の日常を切り取ったエッセイが大好評連載中!

今回は、さまざまな場面で遭遇する加齢現象について、ユーモアたっぷりに綴っています。

最近は「歳をとる」ことを、「年齢を重ねる」などと言いますが、

どんなにオブラートに包んだ言い方をしても、それは誰にも止められない現象として、全人類が受け容れなければならない事実です。

私は幼い頃から視力がとても良く、両目2.0。
それは今でも健在で先日の人間ドックの際も同じ結果が出ました。

が、視力が良いと老眼が早いとはよく言ったもので、40歳を過ぎた辺りから、文庫本が読みづらくなり、はっきりいつからかは忘れましたが、今では家でスマホやパソコンを見る時も老眼鏡をかけていて、見当たらないと「メガネ、メガネ」と、往年のやすし師匠のネタのようになり(わかる人だけわかってください)、「あ、頭に乗っけてた!」と、磯野波平さんのようになります(同上)。

見えにくいのみならず、目がかゆい。
目だけでなく、肌もかゆい。

それで眼科に行っても皮膚科に行っても、
「あ、それは加齢による乾燥ですね。」

と、ヒアルロン目薬やら、皮膚科で安く手に入る保湿クリームとしてネットで話題になり、みんながもらいに行き過ぎて、このままでは本当に必要な患者さんが品薄で手に入らなくなったり、保険対応出来なくなる可能性があるのでそういう行為はやめましょうとニュースで注意を呼びかけられたヒルドイドクリームを、本当に必要な患者さんとして処方されます。

実家の母は、内科に行っても歯医者に行っても
「それは加齢による症状ですね」と言われるらしく、
「何でもかんでも、加齢によるもんや言うたらええと思てはるんちゃうか」
といちゃもんをつけがちですが、多分、先生が正しいと思われます。

このような具体的な身体的症状以外に困るのが、

記憶力の低下など、目に見えない老化現象(字にするとなんかヤダ)です。

階段を上がったら、2階に何をしに来たか忘れる、なんて、若かりし日は母の冗談かと思っていましたが、今、私、かなりの確率でそうなっております。

下手したら、忘れるんちゃうかな、と思いながら階段を上がっております。

あとは、物をなくす。大事なもの程どこへしまい込んだかわからなくなり、やっぱり片付けんと出しっ放しにしといたらよかった!と思うこともしばしば。

片付け下手は今に始まったことではない気もしますが、確実に悪化してます。

以前家の金庫の鍵がないと、主人が言い出し、

「え?!いつものとこにない?」

「ないで。またどうせどっかに置きっ放しにしてるんちゃうん?」

「えー、全く覚えてない。金庫を開けた記憶もない。あなたじゃないの?」

「絶対ちゃう。僕は絶対に使ったら元のとこに戻すし!」

「ほんま?ごめん。ほんならやっぱり私かな」

と、2人で家中を探しまくりましたが、(主に私のバッグやら上着のポケットやらが疑われ)一向に見つからず、

「だからスペア作っとけって行ったやん!」

「作りに行ったけど特殊な鍵やからって断られたって言ったやん!」

などと、探し物が見つからない時のイライラモードが最高潮に達した頃、夫が

「うわ!・・・ほんまにごめんなさい」

と言いつつ、自分が着ている上着のポケットからクマのキーホルダーについた金庫の鍵をそっと取り出しました。

・・・・・・。

普段の自分の行動へのあまりの自信のなさから謝ってしまった私と、自分の記憶力を過信し過ぎて超かっこ悪いことになってしまった夫・・・そこに漂うなんとも言えない情けない空気・・・。

はい、そうですね。加齢によるものです。

一番反省するのが、人の顔と名前がなかなか覚えられないこと。

息子の学校行事やご近所で、あちらは完全に私のことを知ってる風にご挨拶して下さっているけど、えーと、どちらのどなた様でしたっけ・・・と、頭をフル回転しても全く思い出せず、とにかく先方と同じくらいの親しみやすさとテンションでにこやかに頭を下げる私。

こういう技は、確実に上手くなっています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし役者の妻で、モデルで、母です

堀本陽子

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。 最近では、バラエティ番組にも出演し、飾らず自然体で、実は、サバサバしていておおらかな性格が話題に。そんな堀本さんの日常を切り取ったエッセイが連載開始!...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません