人生は短い、楽しみましょう」と我慢しない親たちに学ぶ

日本では何事も子どもを優先にして、親は我慢しがちですが、マレーシアでは子ども以上に楽しむ親がふつうなのだそうです。彼らにとっては、楽しむことは良いこと。そして、親が楽しんでいることは、子どもにもいい影響を与えるのかもしれません。

マレーシアで日々暮らしていて感じること、それは「人生を楽しんでる人が多い」ってことです。


文化祭で子供以上に楽しむ人々

まず、親からして、人生を楽しんでいます。

書籍にも書きましたが、私が最初にマレーシア人と出会ったとき、華人のご夫婦は、小さい3人の子供を預けて日本へ旅行に来ていました。そのときに「え、お母さんが子どもをおいて旅行するのはありなのか」と驚いたことが、強烈な印象として残っています。

さて、実際にマレーシアに来てみると、彼女は決して特別な例ではなく、子供がいても人生を楽しむのは当然、という人たちがたくさんいるのです。

例えば、学校行事に参加すると、「子供以上に行事を楽しむ親の存在」が目につきます。

長男の小学校で、「インターナショナル・デー」という催しがあったのです。
これはそれぞれの子供がいろんな国の文化を調べて発表する催し。当時、小学校6年生の長男に割り当てられた国の担当は、「インド」でした。

インドのご飯や、ヘナのコーナー(ヘナと呼ばれる染物で手に絵を描いてくれる)、インド衣装、インド舞踊などをそれぞれ子供達が披露するのです。

ところが、蓋を開けてみたら、子供達が開店したヘナのコーナーに、大人である父母がたくさん並んでるのです。
みんな親が、お金握りしめてニコニコしながら並んでる。

「えっ、子供のための行事じゃないの」と私は思ったのです。
日本でなら、子供の行事を楽しむのは子供であって、親は見てるだけが一般的だとばかり思ってたので。

そしたら、列にいた同じクラスの中華系のお母さんが、「あなたも並んだら。親こそ楽しまなきゃね!」と。

別の年には、同じ「インターナショナル・デー」で、日本ブースでお好み焼きなどを作ったことがありました。日本ブースの人は真面目なので、みんな一生懸命に食べ物を用意。とても他のブースに遊びに行く余裕がない。

ところが、マレーシアブースにいた友達は、「あら、私全部のブースまわってご飯食べちゃったよ。すごーく楽しかった!」と。

あれ、同じだ、と。


楽しむこと=良いことだと考える人々
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
怒らない力—マレーシアで教わったこと

野本響子

編集者・ライターの野本響子さんがマレーシアで暮らし始めて感じたのは、日本にくらべて驚くほど寛容なマレーシアの社会。「迷惑は掛け合うのが当たり前」「怒る人ほど損をする」など、日本の常識からしたら驚くことばかり。 この連載では、そんなマレ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tsatie |怒らない力ーーマレーシアで教わったこと|野本響子|cakes(ケイクス) そしてこっちは #cakes 。日本でも楽しんでる親は多いと思うがまぁ何分気遣いは多いのかも。 https://t.co/d2FVO7u0e7 11ヶ月前 replyretweetfavorite

NathanA_xiv 楽しむって、大切。大人も子どもも。 11ヶ月前 replyretweetfavorite

saoriwahappy https://t.co/3W9NV79fYE 12ヶ月前 replyretweetfavorite

elmo_marketing ワイもこっち派です。 /赤ちゃんとともに生きる母親が、その全生命をつねに新鮮に、つねに楽しく生きることが、赤ちゃんのまわりをつねに明るくする。 12ヶ月前 replyretweetfavorite