ぼくの言葉なんかよりずっといい言葉があなたにはある

今回の相談者は、家族が理不尽な犯罪に巻き込まれた女性。それ以来家族関係が変わってしまい、疎外感をいだき続けているといいます。幡野広志さんの言葉を聞いてみたいと応募した相談者に、幡野さんはなんと答えるのでしょうか。

※幡野広志さんへ相談を募集しています。専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

幡野さんへ

私の兄は通り魔に刺され、亡くなりました。当時、兄は15歳、私は10歳でした。成長するにつれ、兄が殺されたという事、それがどういうことか、輪郭がくっきりと見えてきました。兄の年齢をとうに過ぎ、虚しさでいっぱいになりました。なぜ殺されたのが兄だったのか。精神疾患だった加害者にとって、そんなの偶然で、殺すという行為が出来れば誰でもよかったらしいです。

父と母、姉もそれぞれ苦しみや葛藤があるのだと思います。けれど、ちゃんと前を向いて生きている。私にはそれが難しい。家族との関係は良好ですが、ふとした瞬間ぎこちないし、空気が重かったです。それを彼らも分かっていて、だから気を遣ってくれる。その事も何だか虚しかったです。

大学生になったら家を出ようと、高校時代は勉強に逃げ、国外の大学に進学、というよりも家族から逃げました。あの空気が嫌だった。家族の事が大好きなのに、前を向いているあの人達を見て、本来なら私も前を向かなくてはいけない。なのに、それが出来なくて辛い。親戚などは私が外国の大学に行く事を、目標に向かって進んでいるだとか、そんな風にポジティブに捉えていましたが、父も母も姉も、私がここに居たくないのだと理解していたように思えます。理解した上で行かせてくれたのは、優しさなのかな。うまく整理出来ません。

ふとした瞬間のぎこちなさというのは、私ばかりが犯人が憎いとか、出来ることならば殺してやりたいとか思っているような気がした時です。そんな時、疎外感のようなものを感じる。父も母も姉も、なんであんなにも人間が出来ているんだろうって思えます。だって、家族が理不尽に殺されているのに。

犯人は精神を病んでいました。それは犯人の家庭環境に問題があった。加害者もまた可哀想な人だと母は言っていました。けれど、病気とか、育った環境とかどうでもいいです。私は犯人を許せない。人を殺した奴が、私たちと同じように生きているのが許せない。一生許さない。今これを打っている時も、怒りが満ちてくる。

けれど、それに気づいた瞬間、兄の事を思い出します。その時、私の中で兄は被害者の、殺された兄になっている。兄の記憶はだんだんと別のもの、ただただ犯人が憎いという怒りに侵されています。それが悲しいし、遣る瀬無い。兄の事が大好きです。でも、一緒に遊んで楽しかったこととか、怒られて悔しかったこととか、このままじゃきっと、忘れてしまうのではないかって、怖いです。こんな気持ちをずっと抱えていくのかなと思うと、苦しいです。

それでも前を向けと、家族の視線や態度が訴えているように感じます。近々、姉の結婚式に出席するため、実家に帰省します。本当に前に進んでいるんだなって、招待された時に感じました。それが嬉しいのに喜べない自分がいます。私は一歩も進んでいない気がして。

この気持ちをどう消化するのか、家族とどんな風に接したらよいのかわからないです。

SNSなどを殆どやっていないため、この連載も知人に紹介され、初めて知りました。いつもは読んでいるだけだったのですが、あなたの言葉や写真はいつもとても真摯で、私自身があなたの言葉を聴きたいと思い、今回投稿することにしました。

長文失礼致しました。

(クロ 女性)

まず最初にぼくはあなたに謝っておかなければいけません。違和感を覚えたとおもいますが、あなたの現在の年齢を消してもらいました、そして被害に遭われたお兄さんの年齢を変えています。

どの事件なのか特定できてしまうというのが理由ですが、あなたのように人の感情を冷静に読み取れる人がそれに気づかないわけはなく、バレてもいいようにあえて年齢を書いたのだとおもいます。

この話がウソであるとおもわれたくない、ウソであるとおもわれることでお兄さんの存在までもが否定されてしまうように感じたんじゃないですか。年齢の表記があなたなりのお兄さんの存在証明なんだとおもいました。

でも世の中には悲しいほどいろんな人がいます。自分の理解をこえた理不尽な話を聞くと、自分の心を保つためにウソであるとおもいたくなる人がいます。それがウソでないとわかると、今度は被害者に落ち度があることを求めます。

この連載は、SNSをやっていないあなたが知って相談を送ってくるぐらい反響が大きくて、どんな人が読んでいるのかもうぼくにもわかりません。誰かの心ない言葉で、お兄さんがもう一度刺されてしまうかもしれないと感じてしまい、年齢を消しました。ごめんなさい、あなたの抱いた違和感から意図を汲み取ってくれることを願っています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。

幡野広志

写真家・幡野広志さんは、2017年に多発性骨髄腫という血液のガンを発症し、医師からあと3年の余命を宣告されました。その話を書いたブログは大きな反響を呼び、たくさんの応援の声が集まりました。想定外だったのは、なぜか一緒に人生相談もたくさ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

uenok69 こないだ読んで泣いたやつ① https://t.co/lJHhTh6s9y 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

h_nochio 泣けてきた 俺からはこんな言葉、出てこないだろうな この人の強さと優しさは本物だと思う 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

tacrooow すごいものを読んだ。そう思ってシェアボタンを押して、ふたたびタイトルを読み合点がいく。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

hokkori 質問者さんも幡野さんもすごい、染みる。幸せになって欲しい> 約1ヶ月前 replyretweetfavorite