学校の環境はどうするのがいいか

「すぐにびっくりする」「うるさい場所を嫌がる」…。5人に1人といわれる敏感気質(HSP/HSC)のさまざまな特徴や傾向を解説。HSCの子を育てる親向けに、「敏感である」を才能として活かす方法を紹介します。『子どもの敏感さに困ったら読む本』をcakesで特別連載!(毎週木曜更新)

学校の環境はどうするのがいいか

 繊細で敏感な子は、環境が発達に大きな影響を与えます。学校はとても重要な「環境」です。どのような学校がHSCには向いているのでしょうか。
 ある、明るく元気で超敏感な子の話です。小学校6年生ぐらいまで、みんなの人気者で した。人を助ける、気の利くいい子です。
 お母さんがHSPで、お父さんは、そういうものが理解できない人です。お母さんに理 解があるから、この子もいろいろなことがやっていけたのです。
 しかし、ある時点から授業を受けられなくなって、保健室で休んでいるようになりまし た。中学進学を前にして、「普通学級は無理だろう」ということで特別支援学級を選びま した。
 ところがそこで行き詰まってしまい、不登校になってしまいました。
 環境を変えてみたらどうかということで、もっと小規模の学校に転校しました。それがよかった。転校してよみがえりました。それまでのような、他の子に気を遣ってがんばら なくてもいい環境だというのが、よかったのだと思います。

 一般的には、敏感な子にとって、刺激が少ないほうが楽です。小規模のこぢんまりとし た学校と大人数のマンモス校とでしたら、人数が少なく、のんびりしている環境のほうが よさそうな気がします。しかし、少人数のところはある種、閉鎖空間になりやすい。そこ で浮いてしまったり、いじめにでも遭ったら逃げ場がなくなってしまうということも考え られます。
 一方、マンモス校は人数が多い分、いろいろな特性のある子がいます。それだけ刺激も 多くなりますが、いろいろな子がいるからこそ多様な価値観が認められやすく、自由に過 ごしやすいということもいえます。
 ある子の例ですが、敏感で疲れすぎてしまうため、中学生のとき、地方の少人数の学校 に移りました。たしかに少人数で刺激が少なくて、楽にはなったのですが、今度は「学校 がつまらない」と言い出した。HSCは早熟で大人びたところのある子が多いのですが、その子にとっては、みんな幼くて物足りない。友だちになれそうな子がいなかったのです。それで、不登校になってしまいました。
 ですから、一概にどういう環境の学校がいいと言いきれません。その子どもに合うかど うかを手探りで見つけていくことになります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

子どもの敏感気質(HSC)の入門書。好評発売中!

この連載について

初回を読む
子どもの敏感さに困ったら

長沼 睦雄

「すぐにびっくりする」「うるさい場所を嫌がる」…。5人に1人といわれる敏感気質(HSP/HSC)のさまざまな特徴や傾向を解説。HSCを育てる親に向けて、「敏感である」を才能として活かす方法を紹介します。『子どもの敏感さに困ったら読む本...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yunoyuno55 HSCを育てる親に向けて、敏感気質(HSC)の特徴や傾向を解説! https://t.co/iM8k2ysBau #スマートニュース 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

bumi_y これ子どもの話だけど、大人だと職場に当てはまる。威圧的な上司…。→→ 約2ヶ月前 replyretweetfavorite