みんなペットに悩んでる#6】一緒に入居できる老人ホーム

一緒に暮らせないのなら、いっそこの子と死のう──。飼い猫・祐介君を抱えての入退院生活が続き、精神的に追い込まれていた澤田富與子さん(73)。その澤田さんを救ったのは、全国でただ一つの、ペットと一緒に入居できる特別養護老人ホームだった。

 一緒に暮らせないのなら、いっそこの子と死のう──。飼い猫・祐介君を抱えての入退院生活が続き、精神的に追い込まれていた澤田富與子さん(73)。その澤田さんを救ったのは、全国でただ一つの、ペットと一緒に入居できる特別養護老人ホームだった。

 京浜急行線の横須賀中央駅から車で20分。緑に囲まれた住宅街に、社会福祉法人心の会が運営する特養「さくらの里 山科」はたたずむ。4階建ての2階が犬・猫と暮らせるフロア。高齢者40人と、15匹の犬・猫が同居している。

 澤田さんと祐介君との出会いは10年前、捨てられる寸前だった子猫を見掛けたときだ。生まれてからいつも犬と一緒に生活してきた澤田さんにとって、動物との生活は当たり前。腰痛で犬の散歩は難しいけれど猫ならば、と迷わず引き取った。

 ところが一緒に暮らし始めて6年経った頃、立って歩くことがままならなくなる。倒れてしまうこともしばしば。子どものいない一人暮らしだが、「祐介が背中に手を回して起こそうとしてくれた。自宅の階段を上がるときにも2、3段上にいて誘導してくれた」という。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません