みんなペットに悩んでる#3】ペットの高度医療最前線

多くの飼い主はペットを子ども同然と考えているが、人間の子どもとの最大の違いは、親すなわち飼い主よりも先に老いて死ぬのが普通だという悲しい現実だ。だからこそ、生命やQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の危機に直面したときにどのような選択肢があるのか、平時から知っておく必要がある。

 多くの飼い主はペットを子ども同然と考えているが、人間の子どもとの最大の違いは、親すなわち飼い主よりも先に老いて死ぬのが普通だという悲しい現実だ。だからこそ、生命やQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の危機に直面したときにどのような選択肢があるのか、平時から知っておく必要がある。

 小動物医療は近年、急速に高度化が進んでいる。この進展にすべての獣医がキャッチアップできているとは限らない。「これしか方法はない」という獣医の言葉を盲信しないためにも、高度医療の最前線をのぞいておこう。

【心臓病】外科手術で根治可能 小型犬の慢性心不全

 心臓病は犬・猫とも死因の上位を占める。特に高齢の小型犬に多いのが僧帽弁閉鎖不全症で、心臓病の8割がこれだ。進行すると肺水腫(肺に水がたまる症状)によって呼吸困難になり、横にもなれずあえぐ姿は見るに堪えない。最後は心不全で絶命する。

 動物医学書の多くは、この疾病は「基本的に治らない」と解説している。実際に動物病院でも「投薬で症状を抑え、静かに暮らすしかない」と診断されがちだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません