​その嘘はなんのためにつくの?

お酒を飲むと気が大きくなって、ついつい見栄を張ってしまうもの。それで思わず嘘をついてしまった人もいるのではないでしょうか。今回はそんな酒場でついてしまう嘘について、bar bossa店主・林伸次さんが考察します。

「知ってる人」は「(一方的に)知ってる人」の意味

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

以前、中島さん(仮名)という女性に、ある人の話をしていたら、「それ、知ってる人」って言うんです。その「ある人」はちょっとした有名人と言いますか、その業界の中ではみんな知っている人で、でもよくメディアに出ているわけではなくて、東京の閉じた世界の中で目立つ人なんですね。

で、その人はbar bossaの常連なんです。だから中島さんに、「え? その人、よく来店しますよ。うちのこともSNSで書いてくれたりしてますよ」って言ったんですね。そしたら中島さん、「そうなんですよね。ボッサにも来てるみたいですよね」みたいなことを言うので、その人と仲が良いんだなと思ったんです。

それから2、3ヶ月後、その人が来店したんですね。色々と話してて、「あ、そうだ。こないだ中島さんがいらっしゃったんですけど、」って言ったら、その人は中島さんのことを全く知らないんです。「こんな髪型で、こういう仕事してて、あの大学出てて」って感じで色々説明しても、全然知らない人だと言うんですね。

で、その人が言うには「そういうことってよくありますよ。きっとその女性、僕の知り合いの知り合いだったりするんです。だから、僕の噂をよく聞いているんです。SNSもフォローして、僕の生活もよく知ってる。それでもう知り合いみたいな気持ちになってて、こういう場所でなんとなく知り合いみたいなことを言ってしまうんです。僕は覚えてないんだけど、『一緒に飲んだことある』みたいなこと言ってる人も、いっぱいいるみたい」なんだそうです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林伸次さん、はじめての小説。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sadaaki 知ったかぶりをしてると、あとからバレて恥ずかしい思いをするので、しないようにしてるな。聞いたほうがいろいろ学べるし。めちゃ功利的。|その嘘はなんのためにつくの?|林伸次 @bar_bossa | 15日前 replyretweetfavorite

t_take_uchi その嘘はなんのためにつくの?|林伸次 @bar_bossa | 15日前 replyretweetfavorite

kyu_22 そうそう。わたしも加藤さん(社長)の「知らない」ことは、すぐ口に出して聞くところがすごいな、マネしたいなと常々思っている。 その嘘はなんのためにつくの?|林伸次 @bar_bossa | 15日前 replyretweetfavorite

asakuhiroi その嘘はなんのためにつくの?| 16日前 replyretweetfavorite