誰かがやらねばならないことなのだ」|気宇壮大(十) 2

豪腕作家として知られる伊東潤が描く、大隈重信の成長譚!
早稲田大学の創始者で、内閣総理大臣を2度務めた大隈重信という男は
どのような人物だったのか?
幕末の佐賀藩に生まれ、
明治期に藩閥政治から立憲・政党政治への道筋を切り拓いた男の思想と生涯とは。
青年期から最晩年まで、
「走る人」「闘う人」「創る人」「聞く人」として駆け抜けた、
令和版大隈像をお楽しみください。

「幕府の開国とは、まやかしの開国だ。幕府は諸藩や商人が勝手に貿易すること、すなわち私貿易を禁じ、すべての物資の流出入を幕府が管掌しようとしている。つまり自らが外交主権を握っていることを列強に示し、開港した五つの港(箱館・新潟・横浜・神戸・長崎)から上がる利益を独占しようとしているのだ」

 この時、すでに下田は閉港されていた。

「そんなことでは、潤うのは幕府ばかりではありませんか」

「その通りだ。開国とは名ばかりで、実際は幕府の財政再建を貿易に託そうというのだ。こんな虫のよい話はない」

「では、やはり攘夷すべしと仰せか」

「そこが難しい。下手に攘夷などすれば、列強に進駐の口実を与えてしまう」

「江藤さんは大攘夷と小攘夷は違うと言い、闇雲な小攘夷を否定されていました」

 大隈が江藤の思想を語る。それを中野は腕組みして聞いていた。

「わしも江藤の『図海策』は読んだし、江藤の考え方も分かる。だが大攘夷への道のりは遠い。その間に列強は日本をしゃぶり尽くす」

「それほど外夷とは恐ろしいものなのですか」

 中野が顔をしかめつつ言う。

「恐ろしいも何も、自らの利になることなら何でもやる連中だ。彼奴らに武士の情けなどという言葉はない。清国を見ろ」

 阿片戦争の結果、清国は実質的に列強の植民地となり、その弊害はいたるところに出ていた。貧困にあえぐ人々は太平天国の乱に与したので、内乱によって国力はさらに疲弊していった。それは開国の弊害というよりも、戦争に負けた結果として、過酷な仕打ちを受けたことに起因している。しかし平和裏に開国したところで、さして変わらない状況に陥るのは目に見えていた。

「だからこそ、わが殿はいち早く富国強兵策を推し進めた。しかしその危機感を共有できているのは薩摩藩くらいで、残る諸藩は、いまだ太平の夢を貪っている」

「それを打破していくためには、やはり国家体制の大幅な刷新が必要なのですね」

「そうだ。諸藩の有志は皆、口をそろえてそう言っている。ただ幕府を倒すとなると、抵抗勢力も出てくるだろう。内乱でも起これば列強の思うつぼだ。何とか平和裏に国家体制の刷新を図っていくしかない」

 中野は酒を飲み干すと、煙管を取り出した。これまで遠慮していた大隈も、それを見て自らの煙管を取り出し、細刻みを詰め始めた。

「そなたは国事に関心があるのか」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
威風堂々 幕末佐賀風雲録

伊東潤

豪腕作家として知られる伊東潤が描く、大隈重信の成長譚! 早稲田大学の創始者で、内閣総理大臣を2度務めた大隈重信という男は どのような人物だったのか? 幕末の佐賀藩に生まれ、 明治期に藩閥政治から立憲・政党政治への道筋を切...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません