​勘違い野郎の子孫が我々男性

男はいつも勘違いをして、失敗したり女性を傷つけたりしてしまいます。なぜ男はこんなにも勘違いをするのか? bar bossa店主・林伸次さんは、ある本からそのヒントを見つけたようです。

男はいつも勘違いしては間違える

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

歌人の穂村弘さんが書いてたのですが、漫画家の吉野朔実さんが自宅で長年仲良くしていた男友達と話していたら、その男性が突然吉野さんに「がばっ」と来たそうなんです。吉野さんは「私が悪かった」って言って、ことは収まったそうです。

こういうことって、全世界で起きていますよね。男性は勝手に「彼女も俺のこと好きだし、これだけデートしているんだし、そろそろキスとかしても大丈夫だろうな」って勘違いして、っていうパターンです。

正直に告白しますと、僕は18歳の時にこういう経験をしました。バイト先の女性で、すごく仲良くなっているし、彼女の一人暮らしの部屋にまで行ったことあるし、まあどう見ても僕のことを好きなはずだと思って、夜の7時くらいに、彼女の部屋に行ってインターホンを鳴らしてしまったんです。そしたら彼女、ドアを開けてくれなくて、「林くん、何の用事?」って言うんです。「あ、彼女、すごく警戒してるんだ。うわあ、自分おもいっきり勘違いしてた」とやっと気づきました。

あるいは「男性の勘違い」で有名なのが、一度付き合ったり、一度セックスをしたことがある女性なら、別れてずいぶんと過ぎた後でも、男性の方は「あいつ、今でも俺のこと好きなんだよな」って勘違いしているというものです。女性の方はとっくに気持ちが切れていているのに、久しぶりに会ってちょっと食事なんかしたら、当然のように男性がセックスしようとしたりして、「ちょっと勘違いしないでよ」っていうことになってしまいますよね。あれも、ほんと男としては頭ではわかっているつもりなんです。でも、どういうわけか、「あの子、今でも俺のことを好きなんだよな」って思いこんでしまっているんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林伸次さん、はじめての小説。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

chang_tam 勘違い野郎の子孫が我々男性|林伸次 @bar_bossa | 「僕たちはずっと勘違いしてく性なのかもしれません。」 13日前 replyretweetfavorite

hiromiamigo 勘違い野郎の子孫が我々男性|林伸次 @bar_bossa | 14日前 replyretweetfavorite

asyara28 勘違いや錯覚がなければ、愛も生まれないかも知れない。仕方がないのでは…?冷静に判断出来る男ばかりなら、人類は滅ぶ気もする(苦笑) 14日前 replyretweetfavorite

toraban_makigi 勘違い野郎の子孫が我々男性| 14日前 replyretweetfavorite