正義」が複数ある世界のむずかしさ

「正義は一つ」という前提で争いが生まれてしまうことはしばしばありますが、多様性の国マレーシアでは、人のバックグラウンドがさまざまなため、何を正義とするかも人によってさまざまです。そのような正義が複数ある世界で、人々はどう価値観の異なる他人と折り合いをつけ、生活しているのでしょうか?

日本にいたころ、私は正義感が強いタイプでした。

何かにつけて「これは正しい、これは間違っている」とジャッジしていたのです。 そして間違っている人を見ては、この人は間違っている、直さなければ、と無駄な正義感に燃えてイライラしていました。

ところがこのままマレーシアに来てみると、どうもうまくいきません。
ゆっくり仕事する人に「こうしたらもっと効率良くなるよ」と言うと嫌な顔をされ、「お茶を飲みながらゆっくり仕事するのがマレーシア流さ」と言われてしまったりします。それどころか、「お酒を飲むのはよくない」「男女一緒にいるのはよくない」と言う人すらいる。常識が複数あり、「答えが一つ」と言うのが邪魔にすらなることに気が付きました。


正解が「たくさんある」世界

例えば、マレーシアには学校にいかない子供達がいます。

知り合いのお子さんは、中学までずっと学校に行かず、家で学習していました。その後、中学で初めて普通の学校に通いました。
国民がインターナショナル・スクールに通うのも(お金があれば)自由です。わが子は、インターナショナル・スクールからホームスクール(フリースクールのようなもの)に移って自分のペースで学習しています。また、公立の学校は試験が厳しいので、ついていけずにインターナショナル・スクールに来る子もいたりします。

公立学校ですら、言語別(マレー語、中国語、タミル語)に別れている上に、宗教学校などもあって、それぞれが選択します。知り合いはムスリムのマレー人ですが「中国語を学ばせたい」と中華学校に入れるのだそうです。人によって、何を選択するかがバラバラです。

このように、相手の信条や宗教、バックグラウンドはさまざまで、なにごとにも実は正解はたくさんあります。
だから必要以上に立ち入らず、相手を尊重することが重要なのです。

これは、正解が1つであることに慣れきった日本人からすると、なかなか理解しにくい感覚です。正解がたくさんある感じに慣れるには時間がかかります。

相手の事は理解しようとしない、でも尊重する。

これが多様性の国マレーシアから学んだ態度です。世界は複雑であるということを知り、必要以上に全てを理解しようとしないこと。複雑なものを複雑なまま受け取り、その複雑さに耐えるのがここでの大人の態度です。


人の気持ちを想像しすぎない
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

たのしく生きるヒントがいっぱいの野本響子さんの新刊はこちら!

この連載について

初回を読む
怒らない力—マレーシアで教わったこと

野本響子

編集者・ライターの野本響子さんがマレーシアで暮らし始めて感じたのは、日本にくらべて驚くほど寛容なマレーシアの社会。「迷惑は掛け合うのが当たり前」「怒る人ほど損をする」など、日本人の常識からしたら驚くことばかり。 この連載では、そんなマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

morito_nishi オモロキ https://t.co/1REuYoKvqB 12日前 replyretweetfavorite

mano_csw 自分の思っている正義は、普遍的なものじゃない。 https://t.co/Z9b0bYybZE 13日前 replyretweetfavorite

MWF15 >お互いのバックグラウンドが違いすぎるため、想像で補うことはとてもできないんです。 13日前 replyretweetfavorite

tsrmjp 「複雑なものを複雑なまま受け取り、その複雑さに耐えるのがここでの大人の態度です。」 これ、幼児性を克服したい今の私と私の周囲に必要な態度。 13日前 replyretweetfavorite