AI時代に勝つ子・負ける子#7】日本の国語教育に欠けている世界で通用する伝える力を磨け

日本航空(JAL)など大手企業が、こぞって教えを請う「伝える」力のプロが茨城県つくば市にいる。

 日本航空(JAL)など大手企業が、こぞって教えを請う「伝える」力のプロが茨城県つくば市にいる。

 つくば言語技術教育研究所の三森(さんもり)ゆりか所長だ。三森氏の手法は、ロジカルシンキングの土台を作るための教育プログラムとして、三井住友銀行などの大手企業も導入している。また、未来の五輪選手を育成するJOC(日本オリンピック委員会)エリートアカデミーも取り入れ、選手と外国人コーチとの円滑なコミュニケーションに役立てる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません