おだやかな社会が炎上するとき

多様性と寛容の国、マレーシア。空港で6時間足止めされても怒らない怒ると損をすることが多い、などと紹介してきましたが、そんなマレーシアの人たちが怒るのはどんなときなのでしょうか? ネットで炎上するトピックも日本とはだいぶ異なるようです。

マレーシアでは、日本のように一人が大勢に叩かれることを見るのは稀です。そもそも、多民族国家なのでマスコミもそれぞれの言語ごとに別れています。

よく、日本から来た人に「マレーシア人の今のブームはなんですか」などと聞かれるのですが、全員が夢中になるブームというものはそんなにはありません。「何かが国民的に大ブームになる」「一斉に何かをする」ということ自体が少ないのです。

そもそもあまり他人に興味がないようで、 宗教やポルノ、差別などを除けば、実に寛容です。

最近、ベトナムで邦人の差別発言が炎上したことを覚えていらっしゃる方もいるかもしれません。私もその激しさに驚きましたが、おそらく、これはマレーシアでも炎上すると思われます。

寛容と言われるマレーシアですが、どんなときに炎上するのか、今日はちょっとご紹介しましょう。

1)人種差別問題

マレーシア人は人種差別には非常にセンシティブです。ブミプトラという制度を持ち、3民族が非常に危ういバランスで生活していることも背景にあるかもしれません。

2017年には、イギリスのボディショップが「チャイニーズのみ募集」とする求人広告を出して炎上しました。同じ年にはマレーシア国内のとあるコインランドリーが「ムスリムのみ(利用可能)」という看板を掲げて、やはり差別だとしてネットで炎上しました。最近も、外国人(インド人)がマレーシアの人種対立を煽るような発言をし、大問題になっています。

子どもの学校でも、人種差別的な行為をすると、クラス全員から「レイシストめ!」と責められてしまうそうです。学校でもグローバル社会で生きていくためのマナーに関する授業がありました。おそらく、それぞれの家庭で厳しく指導しているのではないでしょうか。

2)宗教問題

宗教的に「尊敬を欠く行為」についても厳しいです。

マレーシアはイスラムの国なので、ポルノやアルコール、豚肉や同性愛などの宗教的な禁止行為には厳しい意見を持つ人が多いです。

ちょっと注意したいのは、ルールを知らない外国人が糾弾されることもあることです。例えば、最近では進出したばかりのブックオフが宗教問題で炎上しています。現地法人の代表で海外事業担当の井上徹執行役員のインタビューです。

--宗教的な問題でトラブルとかありましたか。

井上 一番怖かったのが豚革ですね。靴・バッグにはやっぱり豚革が結構使われているんです。最初私は商品知識の無さから割と軽視してまして、大丈夫だろうと軽い気持ちで輸出したわけですが、実は豚革品が多分に含まれていました。マレーシアでは豚革のスニーカーとかは、ちゃんとラッピングされて陳列されてるんです。間違って触っても大丈夫なように。

ところが、うちはそれをやらなかったんですね。全然それに気付かなくて、「なぜか売れないなあ、この靴」っていうのが結構あったわけです。ある日お客さんからクレームが来て、しかもFacebookでバーッと拡散してしまったんです。「こんな靴を裸で置いておいて、うちの子が間違って触ったらどうするんだ」ってことと、もう一つ、「お前らのスタッフ、マレーだぞ。こんな靴を触らせてるのか」と。さすがにまずいと急遽店を閉じて、全部チェックして、豚革が使用されている靴・バッグは全部廃棄しました。

最近では、モスクの前で肌を露出して踊っていた外国人が厳しく非難されたこともありました。以前、豚肉料理の写真を「ハリラヤおめでとう」という言葉とともに出したシンガポール人も大問題となりました。サービスのつもりでお酒を出してしまう日本企業もありますが、十分注意しなくてはなりません。

3)政治的な問題

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
怒らない力—マレーシアで教わったこと

野本響子

編集者・ライターの野本響子さんがマレーシアで暮らし始めて感じたのは、日本にくらべて驚くほど寛容なマレーシアの社会。「迷惑は掛け合うのが当たり前」「怒る人ほど損をする」など、日本人の常識からしたら驚くことばかり。 この連載では、そんなマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

okadappa 日本がこんな社会だったら、と考えてしまう。このエッセイを読むといつも。 5ヶ月前 replyretweetfavorite

takeruJPN 大抵「正解が一つ」ではない とても大事な言葉です。 過剰な「正義」の怒りを爆発させる前に考えてみましょう。 自戒も込めて。 https://t.co/Flq4Qzjxn4 5ヶ月前 replyretweetfavorite

Lave_chamo 人の失敗には寛容で、尊厳には敬意を、ってところかな。 5ヶ月前 replyretweetfavorite

uni_uni222 マレーシアのが日本より・・・ 5ヶ月前 replyretweetfavorite