​カフェが子どもを断る理由とその解決法

「◯歳以下のお子様はご利用できません」と書いてある飲食店は少なくありません。それは「店の雰囲気を壊すから」ということではなく、経営者にとってある深刻な問題をはらんでいるからだそう。どうすれば解決するのか、林伸次さんが考えます。

牛丼チェーンの外国人、カフェの子ども連れ

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

ある牛丼チェーン店で1人で食事をしていると、外国人5人組が入ってきて、カウンターに横並びに座りました。そしてみんなそれぞれビールを注文して、適当に2、3品注文して、それを肴にして、談笑し始めました。

要するに牛丼チェーン店のことを、バルのようなお店だと思っているんですね。僕たちも海外旅行に行くと、そういう現地の人が普段使いしているカジュアルな飲食店に入ってみたいなって思うこと、ありますよね。たぶんそういう気持ちなのでしょう。それで横から、「ああ、味噌汁がスープというのは知ってるんだ。まあお寿司屋さんとかで出るからポピュラーなのかな。でも味噌汁を肴にビールって新しいなあ」って感じで眺めてしまいました。

先日、ある飲食店経営者の記事を見ていたら、「立ち食い蕎麦の混雑時間帯に、ゆっくり会話を楽しみながら食事をする3人組がいたら、その日の売り上げはアウト」って書いてありまして、僕も飲食業なので、「飲食店は回転率が全て」っていうのはわかっているのだけど、そこまで厳しいんだと思ってびっくりしました。

どういうことなのか、計算してみましょう。3人組が、会社のこととか恋愛のこととかを会話しながらお蕎麦を食べるとすると、滞在時間が30分くらいでしょうか。普通、立ち食い蕎麦って、5分くらいで食べ終わるってお店側は設定していそうです。そんな人たちを20人くらい断ってしまう可能性があるから、売り上げが大打撃ということなのでしょう。ああいうお店って薄利多売だから、そういう計算なのかもしれないですね。勉強になりました。

それを思うと、冒頭の外国人5人組、もしかしてお店側はすごく困っていたかも知れないですよね。もし満員だったら、5人で30分滞在されると、その間にすごくたくさんの入れるはずだった新規のお客様を断っているはずです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林伸次さん、はじめての小説。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mugi071344 カフェが子どもを断る理由とその解決法|林伸次 @bar_bossa | 客単価の安さと回転の悪さか… 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

asyara28 美味しいラーメン店で繁盛しているのに、次々に違う店名に変わる場所(居抜きでオーナーが変わる為)があるのも理由が解りますね。以前、確か筆者の文章で高級寿司店の原価率を取り上げてくれていたと思うが、回転寿司... #NewsPicks https://t.co/e4KWl16uPD 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

murakatsu123 納得!日本の外食は安いと聞くけど、こんな実情があるなんて、流石 ​ カフェが子どもを断る理由とその解決法| 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

jikangahayai 日本の飲食店の値段が全般的に安すぎと感じてますが、値段をあげるというより、適正価格にするっていうことですね。 カフェが子どもを断る理由とその解決法|林伸次 @bar_bossa | 約2ヶ月前 replyretweetfavorite