子どもがワガママになって、何が悪いの?

子どもを甘やかしすぎると、「ワガママになる」「将来ろくな子にならない」と思っている人は多いと思います。しかし、下田美咲さんは「"ワガママさ"はなるべく残す方向で育てたい」と言います。一体どういうことでしょうか?

一般的に、子どもを甘やかしすぎるのは教育上よくないことだとされている。「甘やかしすぎるとワガママになる」と思っている人は多いだろうし、身近な人で言えば、夫もそう思っている人間の1人だ。

しかし私は、息子に対して、基本的に怒らないし叱らない。きっとはたから見たら「かなり甘やかしている母親」の分類なんだろうと思う。実際、夫はそう思っているようで、たまに言葉にそれが滲み出ている。

たしかに、息子にとって私は"かなり甘やかな存在"だと思う。「毎日24時間体制で機嫌がよく、優しくて、楽しくて、明るくて、自分に対しての愛情を大爆発させてくる女」、それが私だ。

私は親として当然の対応をしているだけ

ただ、私としては、息子を甘やかしているつもりはない。ハッピーでスウィーティーな存在だとは思うけど、甘やかしたりはしていない。

あくまで私は【息子の能力を最大限に伸ばすために】、親として・教育者として当然の対応をしているだけ。

だから、夫から「美咲ちゃんは子どもを甘やかしている」とか「ワガママな子になったらどうするの?」などと言われた日には、全力で言い返す。

そもそも論として、「ワガママの何が悪いの?」という話。

だって、一般的に「ワガママ」と言われる姿勢や価値観は、人間にとって、夢を叶えるにあたって外せないスタンスの1つだ。

世の中の9割の人は、一度も夢を叶えないままで死んでいく。「夢を叶える」というのは異常なことで、普通の人にはできないことだ。

つまり、夢を叶えるためには【異常な価値観】や【尋常じゃない姿勢】が必要なわけだけど、それは具体的にどんなものかと言えば、私は以下の2つは欠かせないと思っている。

■自分の欲望に対して超敏感であること

■さらに、欲望に対して尋常じゃない執着心を持つこと

ほとんどの人は自分の本音にウトい

まず「欲望に対して超敏感」とはどういうことかというと、「自分が何をしたいのか」「何が欲しいのか」「どうなりたいのか」などを見落とさず、ちゃんと把握できる能力がある状態のこと。

私を含めて、周囲の"夢を叶えている仲間"を見てもそうなのだけど、みんな、自分の欲望に対して自覚的。「こうなりたい!」「あれが欲しい!」そういうことをすごく素直に言える。

こうやって書くと簡単なことのようだけど、世の中の多くの人は、それすらうまくできていない。

欲望を押さえつける教育の影響なのかは分からないけれど、そもそも自分の本音にウトい人が多いし、仮に「本当はこうしたいと思っている」と気づきかけても、恥ずかしがったり、謎のプライドを持ち出してきたりして、素直に「こうなりたい!」と言い出せない人がとても多い。

言い出せないどころか、そんな気持ちがあることを心の中ですら認められない。そして認めない期間が長く続いている人ほど、自分の欲望に鈍感になっていて、もはや思っていることに気づけなくなっている。

どんな風に生きたいのか、分からない。 やりたいことがない。 欲しいものがない。 夢や目標が見つからない。

そういう人は、自分の欲望に鈍感になってしまっている証拠。

夢を叶えるというのは、願ったことを実現させて思い通りの人生を手に入れること。そのためには、まず自分が何を願っているのかに気づけないと始まらない。

だから、「あれがしたい!!!」「欲しい!」という主張ができるとしたら、それは夢を叶えるために必要な力の1つがある状態で、おめでたいこと。

「叶うまで諦めない!」というスタンスが大事

そして、それと同じくらいに大事になってくるのが「欲望に対しての尋常じゃない執着心」。

「叶うまで諦めない!」というスタンスがないと夢は叶えられないけれど、それってつまり、執着心だ。

私は夢を叶えることができたけれど、辿ってきた道を振り返ると【奇行】に満ち溢れている。

作戦を山ほど立てては、勇気を出して、普通ではない行動を決行してきた。

当たって砕けたことなど数え切れないほどあるし、ダサくて泥臭いことはやりすぎて覚えていない。(ネットに残っているものだと「下田美咲 宣伝カー」などと調べてもらえると、非常にわかりやすい代表作が見られるから、興味があればぜひ)

奇行を繰り返していたから、実際にかなり変な人扱いもされていたけど、私としてはどうしても叶えたくて必死だった。叶わないと嫌で、無理で、「叶わないなら生きていけない!!!じゃあ死にたい!」って思っていた。

だからこそ異常な行動をとることができたし、夢を叶えられた。

普通に生きていたら、夢など叶わない。

で、そう考えると「ワガママって本当に悪いことなの?」という疑問にたどりつく。だってワガママを構成する要素って「自分の欲望への素直さ」と「欲望を実現することへの執着心」。それって夢を叶えることに必要なヤツ。

子どものワガママさは、大人とは比べ物にならない
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
下田美咲の口説き方

下田美咲

下田美咲さんという女性をご存じでしょうか。13歳からモデルをしながらも事務所には所属せず、自宅の車を宣伝カーに改造してゲリラパフォーマンスを行ったり、「飲み会コール動画」などのオリジナル動画を180本以上手がけてYouTubeにアップ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

2hundreddays0ff 下田美咲ってたまに胸焼けする時もあるんだけどこの子育て論だとかこの人の根本的なところはとても好きだな 19日前 replyretweetfavorite

mayoigo3 どっか否定的な気持ちで読み始めるけど結局たしかにな、、ってなってしまう。 https://t.co/ok9KuBXsJ0 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

darling00000000 "自分の欲望に対して超敏感であること さらに、欲望に対して尋常じゃない執着心… https://t.co/2OUAmICnSf 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

hii0220 前々から思ってたけど、私この方の考え好きだ👏🏽 https://t.co/3Zid00AMgg 約1ヶ月前 replyretweetfavorite