LIFE SHIFT リカレント編#9】採用倍率は220倍!“第4新卒”で変わる老舗

中高年の経験や学びを社内に取り入れるべく、2017年春に年齢不問・ポテンシャル重視の〝第四新卒〟を募集して話題をさらった企業がある。口中清涼剤の「仁丹」で知られる大阪の老舗医薬・食品メーカー、森下仁丹だ。

 中高年の経験や学びを社内に取り入れるべく、2017年春に年齢不問・ポテンシャル重視の〝第四新卒〟を募集して話題をさらった企業がある。口中清涼剤の「仁丹」で知られる大阪の老舗医薬・食品メーカー、森下仁丹だ。

 就職後に短期間で転職を志す第二新卒でも、博士研究員、いわゆるポスドクの第三新卒でもない、第四新卒採用。約2200人が応募し、開発担当を中心に平均50歳前後の10人が採用された。倍率にして約220倍である。

 「オッサンも変わる。ニッポンも変わる。」──。森下仁丹が、このようなキャッチコピーで中高年に門戸を開いた背景には、ある危機感があった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません