かずふみ、深夜3時に突然泣き叫ぶ

美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛んだ奥さまと、2歳になった息子を育てる樋口毅宏さん。今回は2018年6月21〜23日の日記をお届けします。前回の日記はこちらからどうぞ。

6月21日

かずふみ、深夜3時に突然泣き叫ぶ。

俺もふさこも起こされる。とりあえず水を飲ませて落ちつかせる。

またすぐ寝た。悪い夢でも見たのか。

翌朝、9時半を過ぎても起きない。保育園はとっくに遅刻だが、1分でも多く寝かせるほうを選ぶ。

ようやく起きても、こちらはひとことも言ってないのに、「ダアメ!」しか言わない。

この後鼻血。

6月22日

かずふみの睡眠を優先させるあまり、3日連続で保育園遅刻。

今朝は37℃。

4も6も昼ニュースのトップが〝紀州のドンファン。愛犬から覚醒剤検出されず〟。

もっと大きく扱うべきネタがあるだろうに。

ふさこ「ドンファンが数字持ってるんだよ」

これが「和歌山県の酒類販売会社元社長」では世間の耳目を集めることはなかっただろう。キャッチフレーズって重要だな。

俺「ふさも、キレ弁か、サセ弁はどうだろう?」

ふさこ「ヤリ弁で」

俺「キャッチができたな。
三輪記子の〝キレ弁・サセ弁・ヤリ弁
あなたなら、どの弁にする?〟」

さんざんバカを吐いた後、イクメンを装い、保育園へ。

かずが元気。ホッ。

6月23日

ふさこ、同志社中高の同窓会へ。かずを連れてく。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Baby Don't cry 〜赤ちゃんと俺とキレ妻と〜

樋口毅宏

伝説の育児日記が帰ってきた!『おっぱいがほしい!——男の子育て日記』で、各方面を騒然・唖然・呆然とさせた作家の樋口毅宏さんが、満を持してcakesで続編をスタート!美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛ん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません