紙にも電子にもこだわらない、編集者という仕事の本質を知る枝折

【最終回】
岩田編集長の妻の秘密が明かされ、岩田がなぜ電子書籍の編集者である自分たちをキリギリスと呼ぶのかを知った枝折。紙の本と電子の違いにとらわれず、編集者としての自分の価値観をようやく見出した枝折は、新たな気持ちで仕事と向き合うのだった。

文学少女が編集者として一人立ちしていく姿を追いながら、変貌する出版界の明日を占うお仕事小説!


 学会会場になっている建物から、まだ寒いキャンパスに出た。近くの自動販売機でコーヒーを買い、枝折(しおり)と岩田(いわた)は飲み始める。

「実はな、俺も電子書籍編集部の編集長になった時、閑職に飛ばされたと思ったんだ。なんで俺が、こんなわけの分からないところで働くんだと憤ったんだよ」

「えっ、そうなんですか。今、滅茶苦茶、電子書籍派じゃないですか」

「まあ、俺も人のことを言えんよな」

 枝折の言葉に、岩田は苦い顔をする。

「それでな、配属されて一年ちょっと経った時に、妻が交通事故に遭ったんだ。そして本が読めないぐらい視力が落ちたんだよ」

 枝折は驚く。そうしたプライベートな話は、聞いたことがなかった。薬が見つからない。コップが割れた。目がはっきり見えれば、すぐに対応できることも、視覚に障害があれば困難になる。だから、奥さんが困っていると、すぐに飛んで帰っていたのか。

「完全に見えないんじゃねえんだよ。家具の位置とかさ、そういうのはぼんやりと見える。しかし、文字を判別するのは難しい。俺が香澄(かすみ)と結婚したのは本が縁でさ。二人とも本好きだったんだよ。それがまあ、読めなくなっちまったわけだ。
 それでいろいろと調べて、音声デイジーなんかも利用するようになったんだがな、最新の本は読めないんだよ。俺が仕事でたずさわった本を、すぐに確かめることもできない。そうなると夫婦の共通の話題がごっそりと減ってな。テキスト読み上げも試したんだがな、鑑賞に堪えうるレベルではなかったんだ」

 岩田は悔しそうに顔を歪める。枝折も思わず同じ表情を作った。

「事故から一年ぐらい経った頃にさ、BNBの新しい部長がうちにやって来たんだよ。いつものように飲みニケーションで、プライベートでも話すようになってさ。妻の目の話をしたら、有馬さん、こう言ったんだよ。
 電子書籍が普及したら、あらゆる人が最新の本を読めるようになるはずです。それだけではありません。音声化、自動翻訳、要約や平易化、関連知識の自動摂取など、様々な用いられ方をし始めるでしょう。そのためには、データが構造化されており、関連データをきちんと含んでいる必要があります。
 とまあ、あの調子で延々と語ってさ。少しだけ俺もやる気になったんだ。未来を香澄とともに覗いてみようかという気持ちになったんだ。
 ただ、そのためには俺自身が努力しなければならない。電子書籍を普及させて儲かるようにしなければならない。豊富な資金で、より多くの人まで届くように、作り込まなければならない。そうすることで俺たちは、書き手と読み手を、より多く繫ぐことができると信じている」

 岩田の言葉に枝折はうなずく。

「なあ、春日。俺たちの仕事は、そうした糸を張り巡らせることだ。俺は自分のことをキリギリスだと思っている」

 岩田はそう告げたあと、コーヒーの缶を口に運んだ。

 キリギリス—その言葉について枝折は考える。岩田が、四月の頃から使っていたものだ。
 枝折は、岩田がその虫の名を唱えていた理由が、ようやく分かった。文学部で古典を学んだ枝折になら、伝わると思っていたのだ。

「キリギリスの古名に意味があったんですね」

「そうだよ。気づくのが遅えんだよ」

 ため息混じりに岩田は言う。

 岩田が口にしたキリギリスは、枝折が最初に連想した、アリとキリギリスの童話とは、なんの関係もなかった。
 キリギリスの古名は、機織り虫と言う。書き手と読み手を糸で繫ぎ、新しい世界という布を織り上げる。

 —自分は機織り虫だ。

 岩田はその思いを込めて、虫の名を告げていたのだ。そのことをようやく枝折は理解した。

 自分の仕事はなんなのか。
 枝折は遠くを見ながら考える。目の前の仕事に、自分なりの意味を見つけようとする。

 漣野(れんの)が口にしていたプラットフォームという言葉を思い出す。読者と本をマッチングしたいと話していた、有馬(ありま)のことを考える。それぞれの立場で、それぞれの言葉で語っているが、誰もが同じことを言っている。

 人と人をより多く繫ぐ。

 自分はなにをしたいのか。

 枝折は冷たい風の中、キャンパスの景色を見ながら、自身の仕事について考えた。


◆私の仕事

 地下鉄を降り、無数のサラリーマンとともに地上へと向かう。階段を上り、オフィス街の中心に出た。
 風は穏やかで春のぬくもりを孕んでいる。空は晴れ渡っており、心地よい日差しに笑みを浮かべたくなる。

 四月になった。またたく間に一年が経った。
 枝折は駅を離れる。今日の仕事の段取りを考えながら、会社への道をたどる。

 強い風が吹いた。目を細めて、流れてきた髪を払う。一年前、紙の編集部に異動できなかったら会社を辞めると決意した。それから様々な経験をしながら、社会人の最初の年を過ごした。

 仕事とは、なんだろうかと悩んだ。
 夢を実現するとは、どういうことなのかと考えた。

 自分の世界の狭さを知った。自分が見ているのは、世界や歴史の一部なのだと気づいた。
 多くの人の思いに触れた。そして、社会をよりよくすることを願うようになった。

 会社の敷地まで来て、本館の建物に入る。階段で四階まで上がり、電子書籍編集部の部屋にたどり着く。枝折が働く先は、今年も電子書籍編集部だ。やらないといけないことが山積みになっている。そしてやりたいことも多くある。

「おはようございます」

 大声で言い、机に鞄を置く。

 鞄から荷物を出していると、隣の席でノートパソコンの起動音がした。いつの間にか服部が来て、横に座っていた。一年の付き合いになるが、いまだに彼女の気配を察知できない。

「おほほほほ、春日さん。私が来たことに気づかなかったのかしら」

「ええ。まるで忍者のようですから」

「ふふふっ、私ももう四十五歳でしょう。体力の衰えを感じるから、忍者はそろそろ卒業しようと思うの」

「えっ、そうなんですか」

「そう、忍者は卒業するの。そして、くのいちになるの。く・の・い・ち。私も大人の色香を使いこなせる年齢になってきたと思うから」

 服部は両手を広げて、手の甲を枝折に見せる。異様に凝ったネイルが十本の指に塗られていた。

「えーと、ネイルサロンに行ったんですか?」

「そうよ。とうとうネイルデビューしたの。これで私もネイルマスターよ」

 虎が獲物を襲うように爪を立て、シュパパパパと、影も形もない空中の敵を攻撃する。

「どう?」

「一人の剣豪が、くのいちの攻撃で絶命しました」

「ふふふふふ。あなたにも見えたようね」

 服部は満足そうに、ログインして作業を始めた。
 廊下から、大きな声と足音が聞こえてきた。その主は部屋に入るなり、大声で枝折の名前を呼んだ。

「おい春日。例のあれの進捗はどうなっている」

 電子書籍編集部の人員に人事異動はなかった。枝折のいる部署は、相変わらずブラックホールのままである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
#電書ハック

柳井政和

小説が好きで出版社に就職した春日枝折だったが、配属されたのは電子書籍編集部。 紙の本から戦力外通告を受けた老作家、ネット民には刺さる準引きこもり作家、紙の本には目もくれないデジタル電子書店員たちとの出会いに戸惑う枝折。 やがて作家たち...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません