大人より子どものほうがマナーがいい!?

保育園では毎日、素敵な出来事がたくさん起こります。思わず笑っちゃうようなこと、ただただ面白いこと、 感心すること、子どもの成長や感性にうるっとくること…。とてもハッピーな日常が保育士のまわりにはあるのです。 「個性豊かな子どもたちとのエピソード」と 「子育てで使えるワンポイントテクニック」を紹介します。『保育士てぃ先生のつぶやき日誌 きょう、ほいくえんでね…‼』cakesで特別連載!

マナーに厳しいはるとくん。別の日も、道にツバをはいたおじさんに、「なんで、みんなが歩く道にペッてするの!」と、怒っていましたね。

でも、最近とくに思うのは、大人より子どものほうが礼儀正しく、マナーがいいということ。

例えば、おままごとをしているとき、僕がレストランの店員役になって「いらっしゃいませ」と言うと、お客役の子が「きました〜 !! 」って 言うんです。「ご注文お決まりですか?」と聞くと、「はい、決まりました。カ レーください!」って言う。最後に、「ありがとうございました」と言うと、「こちらこそ、ありがとうございました!」って言って、帰って行く。

大人の中には店員さんに注文を聞かれても「カレー」としか答えない人がいますよね。「カレーをお願いします」ときちんと言わない。帰りに「ありがとうございました」と言われても、会釈するぐらいではないでしょうか。

大人になるにつれ、子どもの頃の礼儀正しさがおざなりになってしまうんだなぁと感じます。

はるとくんの指摘どおり、道にモノを捨ててはいけないなんて当たり前のこと。

子どもに気づかされることってたくさんありますね。


少し照れながらのしゅんくんを抱っこしていると、「保育士になってよかったなぁ~」としみじみ思います。

この子には弟がいるんですけど、まだ小さいのでママは下の子を抱っこしてい ます。ママから「赤ちゃんを抱っこしているから…」と言われているのか もしれません。

だから、しゅんくんはあまり抱っこしてもらえない。お兄ちゃんだけど甘えたいという気持ちが、こちらに向いて「先生に抱っこされてみたいな~」ってなったのかも。

「抱っこして!」ではなくて、「抱っこされてみたいな~」というのが、5歳児らしくて可愛らしいですよね。

子育てで使えるワンポイントテクニック

年長さんになると「羞恥心」が芽生えてきます。抱っこしてもらうのも恥ずかしがります。「抱っこしてほしいけど、まわりの子には知られたくない…」 という葛藤があるんですね。また、自分が発言したことがすべると「すべったな」というのも、ちゃんとわかるようになる年頃です。


※本文に登場する人物の名前は仮名です。


発想力・想像力・感性……大人が子どもに気づかされる。

この連載について

初回を読む
きょう、ほいくえんでね...‼

てぃ先生

保育園では毎日、素敵な出来事がたくさん起こります。思わず笑っちゃうようなこと、ただただ面白いこと、 感心すること、子どもの成長や感性にうるっとくること…。とてもハッピーな日常が保育士のまわりにはあるのです。「個性豊かな子どもたちと...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

yunoyuno55 #スマートニュース 4日前 replyretweetfavorite

midnight_kurage ポイ捨てのも納得だけど、「だっこされてみたいな~」ってなんというメロメロパンチなの~😍 4日前 replyretweetfavorite

wataseakira ゴミのポイ捨てに関する子どもとのやりとり、ぐうの音も出ないわ。 https://t.co/GCI8jxNlLj 4日前 replyretweetfavorite

some_CSR_person かわいさ+気付きがありますね⭐︎ 4日前 replyretweetfavorite