フェル先生のさわやか人生相談

平成の終わりとともに、すべてを失いました【323回】

いよいよ暖かくなってきましたが、花粉症のみなさんにはつらい季節ですね。今回フェル先生の元には、「昨年末以降、仕事も婚約者もすべてを失った」という39歳女性からのお悩みが届きました。がんばっていた仕事では、転職後につまずき適応障害に。そのうえ、一緒に暮らしていた婚約者には浮気をされ破局......。途方に暮れる相談者さんに、フェル先生はどんな回答を送るのでしょうか。

※「フェル先生のさわやか人生相談」では、フェル先生に相談したい質問を募集しています。辛辣な回答も受け入れられる勇気のある方、フェル先生に叱咤激励されたい方は、専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

仕事も恋人も失い、絶望しています。

いつも金曜日を待ち遠しく拝読いたしております。厳しくも愛のあるご回答に背中を押されること多々です。ざっくりとした相談内容ですが、どうかお願いいたします。

私は、すべてを失いました。

昨年から私に起こった出来事は下記のとおりです。
●11月上旬:適応障害により休職(1カ月間)。
●12月上旬:休職中、同棲していた婚約者が浮気。その後、彼が浮気女性を選び、婚約破棄(その後、きっちりと慰謝料請求)。
●3月上旬:契約社員として働いていた会社から、契約期間満了で更新しない旨を通告される。

平成の終わりとともに、私の人生も終わったと同然の絶望感です。(「平成最後」とか陳腐な表現は使うのがしゃくですが、もうヤケクソ。)「新しい元号とともに人生リセット」ととらえれば聞こえはいいですが、ぽっかり心が空いたような感じになり、涙すら出ません。

仕事にいたっては、私の不徳の致すところです。会社が期待する実績を残せず、細かなミスも続き、負け癖もついてしまい、それをリカバリーするチャンスすら生かすことができませんでした。適応障害も、会社が求めるレベルに自分が達していないことを、自分が一番実感していることで、発症してしまったものと思っています。正直なことを言うと、会社から契約を切ってもらったことで、内心ほっとし、「もう苦しまなくていいんだ」と肩の荷が下りたように感じた部分もありました。

仕事は、小さいころから志していた職業です。大学卒業後、就活に悉く破れ、別の業種に就いたものの、採用情報ストーキングをつづけ、1年後、アルバイトから潜り込み、とにかくがむしゃらに働き、32歳でマネジメント職に任命されました。誰にも劣らない努力と苦労を自分なりにしてきたつもりです。苦難があるほうが燃えるタイプで、それをエネルギーにのしあがってきました。

その会社でできることはやり尽くしたと実感し、業績にもかなり貢献した自負もあったので、35歳のとき、今度は新たな分野に挑戦したいと同業界の別分野の会社に転職。懸命に努めていましたが、躓いてしまいました。この転職は、「キャバクラからクラブへ」くらいに思っていたのですが、「芸能人から(本来は仕事にたいへんな責任がある)政治家へ」くらいの差に感じました。躓きの原因はわかっているものの、なかなか改善できず、悔しくて乗り越えたかったのですが、できませんでした。自分の実力を見くびっていたのだと思います。

昨年に起こった一連の出来事のこともあり、すっかり自信をなくしてしまいました。生き方自体が間違っていたのか、甘いのか、自分の性格にとんでもない難があるのか、今からどう生きていけばいいのか……。プライベートの事も、そもそも結婚願望が薄い私は、相手に流されてしまっていたのだと思います。きちんと考えなければいけないところで、浅はかだったのかもしれません。

ここまで書いていて、お気づきのとおり、私にとってプライオリティの高いものは仕事です。婚約破棄の際も、生まれて初めて睡眠欲と食欲がガタつき、体重が10kg減ったくらいのショックは受けましたが(ぽっちゃりだったので、めでたく標準の数値になり、健康的に)、自身でこの相談内容を見直すと、もはや婚約破棄のことはサブ要素で、仕事のことがおもな悩みなのだなあと感じています。

本当にざっくりとしたご相談内容でお恥ずかしい限りですが、とくに下記2点についてご教授いただけませんでしょうか。 1)フェル先生は、仕事に向き不向きはあると思われますか。それを考えること自体、甘いですか。才能や努力があれば、乗り越えられない壁などなく、それができないのは怠けなのでしょうか。 2)この歳になって失敗続きの私は、考え方が甘いのでしょうか。つつがなく過ごせている人は、何を意識(注意)されているのでしょうか。

忌憚ないご高見を賜れますと幸いです。よろしくお願い申し上げます。

(39歳、女性、会社員)

A.今回は仕事もうまく行かず男にも逃げられて人生ズタボロでコンチクショー状態の39歳元女性契約社員さんからのご相談です。

しかしなんですね。あなたのように努力に努力を重ねて頑張って来られた方が契約を更新できずに悩み苦しんでいる一方で、同じ会社で正規雇用されているアホOLは、大した仕事もせずに安定した身分で高い給料を貰って今夜はどこで合コンしようかしらーなんて給湯室で話しているのですから、世の中不公平としか言いようがありません。

ですがここでいくら世を恨んでも、アベ政権を呪っても詮無いことです。これが世の中であり、これが現実だからです。どん底でのたうつあなたですが、ひとつだけ良いことがあります。バカな男とスパッと別れられたことです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
フェル先生のさわやか人生相談

フェルディナント・ヤマグチ

恋愛投資家フェルディナント・ヤマグチが、あなたの恋と仕事の悩みにお答えするQ&A連載。第1回から飛ばしています。回答を読んで、彼氏と別れたくなった方、人生の岐路で悩んでいる方、フェルディナント先生にしかられたい方、質問どしどしお待ちし...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

larcfortdunord  これは男性も確かにクソだが女性も非モテ臭漂いますなあ。39でこれ、外見もちょっと想像できちゃう。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

thinktink_jp "しかしなんですね。あなたのように努力に努力を重ねて頑張って来られた方が契約を更新できずに悩み苦しんでいる一方で、同じ会社で正..." https://t.co/VFUphThXqk https://t.co/W6CcMWj7X3 #drip_app 3ヶ月前 replyretweetfavorite

uhiroid 失性&失職コンテンツだ。 3ヶ月前 replyretweetfavorite