PIXAR

ピクサー派、スティーブ派という派閥があったなんて知らなかった!

合理的に考えれば、ピクサーからのオファーは断るのが正しい。でもスティーブ・ジョブズの近くで仕事をするのはどんな感じなのか。それを知るチャンス自体も失っていいのか・・・。
2019年3月15日に発売!『PIXAR 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話』(文響社)より特別先行掲載!

合理的に考えれば断るけれど・・・

 数日後、スティーブからオファーが届いた。

 用意された役職はエグゼクティブ・バイスプレジデント兼最高財務責任者である。

 CEOのスティーブ、最高技術責任者のエド・キャットムル、最高財務責任者の私という3人で社長室を新設したいとの話もあった。とりあえず、1日考えさせてほしいと回答した。

 私は、難しい判断をしなければならないときは、歩きながら考える癖がある。その日、我が家のそばの歩道はかなりすり減ったはずだと思う。

 合理的に考えれば、断る一手だ。

 シリコンバレーの株式公開企業でCFOというだれもがうらやむ地位まで上りつめているのだ。

 それを捨て、悪名高いスティーブ・ジョブズの小さな会社で仕事をするのか。スティーブはこのところ失敗続きだし、ピクサーも似たり寄ったりと言わざるをえない。そんなところへ転職しても、友だちや仕事仲間からヒーローと見てもらえるとも思えない。

 だが、そう言って斬り捨てるには惜しいだけの魅力がある。

 スティーブのもとで仕事をするとどうなるのか知らないわけだが、では、それを知るチャンスも捨てるのか? 彼と個人的なつながりができたというのに、そうしたいのか?

 映画を作る会社、それもファミリー映画を作る会社で仕事をするというのも魅力だった。子どもたちは喜んでくれるだろう。

「あなたと一緒に仕事がしたいと心から思っている」

 最後はヒラリーと相談だ。

「ピクサーをどう評価するのかは、私に聞かれてもわからない」

 彼女も、ご多分に漏れず、スティーブから電話を受けるまでピクサーという名前さえ聞いたことがなかったのだ。

「だから、その部分はあなたの分析を信用しましょう。でね、スティーブは真剣だと思う。あなたと一緒に仕事がしたいと心から思っている。ちょうど転職を考えていたときにこういう話が来たのもなにかの縁じゃないのかしら」

 そうかもしれない。数日後、本当にいいのかと思いつつ、私は、思い切ってスティーブのオファーを受諾した。

第3章 ピクサー派、スティーブ派

 ピクサーには1995年2月に着任した。

 スティーブからなにをしろという具体的な指示はなし。エドが出迎えてくれて、最初の2~3日、社内を案内しては中核メンバーを紹介したり私の役割を説明したりしてくれた。

 みな、温かく迎えてくれ、「歓迎しますよ。困ったことがあったら言ってください」みたいなことをあちこちで言われた。

 ただ、どうもしっくりこないものがある。みな、愛想もよければ礼儀正しくもあるのだが、なんとなく距離を置かれている気がするのだ。

 最高財務責任者を得たのに盛りあがらないというか、受け入れの努力もあまりないように感じる。お昼を一緒にという誘いもあまりないし、カレンダーの予定もぜんぜん増えない。別に鳴り物入りの大歓迎を期待していたわけではないが、これはさすがに平常運転にすぎるだろう。

なぜ、ピクサー社員に歓迎されないのか

 前回の転職時、私のカレンダーはすぐに予定でいっぱいになった。私に早くなじんでほしいとみなが思ってくれたからだ。

 だがピクサーでは、警戒されているように感じる。なぜだろう。

 理由はじきにわかった。

 きっかけはパム・カーウィン。バイスプレジデントで、社内のさまざまな業務を統括している女性だ。人当たりがよくて思いやりがあり、同時に、鋭い。年齢は私のちょっと上で40代前半、赤毛が目を引く。物腰が柔らかく、彼女の回りはいつもなごやかである。

 同時に、ピクサーを守るためならなりふり構わない面もある。執務室は私のところからすぐ。彼女は、私と会って状況をいろいろと教えてくれた数少ないひとりである。

「うらやましいとは思いませんね。あなたは、ご自分の立場がおわかりになっていないのではないでしょうか」

 あいさつがすむと、パムはずばっと本題に入った。

「立場って?」

「あなたはスティーブ派でしょう?」

 なにを言われたのかわからなかった。不思議そうな顔をしていたはずだ。

「スティーブはオーナーだけど、仲間じゃない」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
PIXAR

ローレンス・レビー /井口耕二

ジョブズが自腹で支えていた赤字時代、『トイ・ストーリー』のメガヒット、 株式公開、ディズニーによる買収……アップルを追放されたスティーブ・ジョブズとともに、小さなスタートアップを大きく育てた真実の物語。 3月14日に発売する『PI...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

newssharejp *ローレンス・レビーさん&井口耕二さん|PIXAR https://t.co/wLu3UFrQBX 2ヶ月前 replyretweetfavorite

etoystk やばい、これ読みたい。 2ヶ月前 replyretweetfavorite