人が生きる理由

今回の相談は、20歳年下の相手との交際に悩む女性。身を引くべきか悩みつつも、相手と別れることができない女性に、幡野さんは自分に「少し似ている」と言います。その真意はいったいなんでしょうか?

※幡野広志さんへ相談を募集しています。専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

私は41歳の女です。
21歳の男の子と付き合って3年になります。
彼を好きになればなるほど、付き合いが長くなればなるほど私といたら彼の、人生を壊してしまうような気がして苦しくなります。
かといって、私はずるいので、彼のことが好きだから身を引くことを選ぶことができません。

いつか、彼が私から離れていく覚悟はしているのですが、私はそれまで彼とこのままでいいのでしょうか? それとも彼の幸せやご両親のことを思ったら、今すぐ身を引くべきでしょうか?

まとまりのない文面ですみません。

(匿名 41歳 女性)

さいきん生きる理由をよく考えています。いつか死んでしまうのに、なんで人って生きるんだろう?ということをぼくは病気になってからよく考えるようになったんです。

「子孫を残すために生きている」という、どこか生物学的な答えをいってくる人がいます。「子どもがいるんだからいいじゃない、子どものために生きなさい」という一種の励ましなのかもしれませんが、子どもができたらよろこんで死ねるかというと、ぼくは鮭ではないのでまったくそんなことはありません。

そして、二人目子どもを……ということが困難になったいま、生物学的な答えほど、自分の存在価値を否定されているような気がして、生きる理由から遠ざかっていくような感じがします。

いまググったことですが、鮭は3000個ほどのイクラを産卵するそうです。イクラが孵化して大人になり、また産卵できるのはほんの数%だそうです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

はじめてで最高の「写真集」

写真集

幡野広志
ほぼ日
2019-03-01

この連載について

初回を読む
幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。

幡野広志

写真家・幡野広志さんは、2017年に多発性骨髄腫という血液のガンを発症し、医師からあと3年の余命を宣告されました。その話を書いたブログは大きな反響を呼び、たくさんの応援の声が集まりました。想定外だったのは、なぜか一緒に人生相談もたくさ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

monakaso ざっくり鮭の話だった気がする。人間は鮭じゃないけど鮭に近い生き様。▼ 18日前 replyretweetfavorite

jujukofujita 「嫌いな人のしあわせなんて願えませんよ、だからしあわせって人間をはかるリトマス試験紙みたいなもの。 好きな人のしあわせを願うことができて、その好きな人が自分のしあわせを願ってくれることが、しあわせなんだとぼくはおもう」 https://t.co/7JolYQttR6 18日前 replyretweetfavorite

a_s_i_m1 幸せについて考えさせられました。 好きな人のしあわせを願うことができて、その好きな人が自分のしあわせを願ってくれることが、しあわせなんだとぼくはおもいます。 https://t.co/cbt88WdDK4 18日前 replyretweetfavorite

maE3do 深いい。 > しあわせって笑顔がうまれるんです。誰かのしあわせを願うこともその人のしあわせだし、誰かを不幸にすることもその人のしあわせです。残酷なほどしあわせの価値観というのは人それぞれです。 https://t.co/5Nn8jIgxqK 18日前 replyretweetfavorite