世界一安いキスだな!

美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛んだ奥さまと、2歳になった息子を育てる樋口毅宏さん。今回も引き続き2018年4月上旬の日記をお届けします。前回の日記はこちらからどうぞ。

4月7日

土曜日。かずと地下鉄で銀座まで。
最近はかずを電車に乗せる楽しみが増えた。

「電車に乗るよ?」と呼びかけると、
「でんしゃ!でんしゃ!」と喜ぶ。

銀座のイタリアンのランチ。
店内ガラガラとはいえ、子どもを連れてきてはいけない雰囲気。

かずは比較的おとなしくしていたけど、お店の人に、こころの中で謝る。

後ろの席の女性がずっと夫の悪口を言っていた。

「子供が生まれてから何も育児をしてくれなかった。その恨みは忘れない」と。

でも平成八年に生まれた彼女の息子は今年新社会人になったって。

かずふみ、帰りは寝てしまい、抱っこされたまま帰宅。

今14キロぐらい。重かった。
幸せの重さと思いたい。

4月8日

かずふみ、まだ外が暗いうちから取り憑かれたように「アンパンマン!アンパンマン!」と連呼しながら親を起こしにかかってくる。

スマホを見ると朝6時。顔面にボディプレス。重たい。

公園めぐり。麻布狸穴。

4月9日

園長先生に、「かずくんのパパのエッセイおもしろいわ~」と言われた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Baby Don't cry 〜赤ちゃんと俺とキレ妻と〜

樋口毅宏

伝説の育児日記が帰ってきた!『おっぱいがほしい!——男の子育て日記』で、各方面を騒然・唖然・呆然とさせた作家の樋口毅宏さんが、満を持してcakesで続編をスタート!東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛んだ奥...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

minami_kazuyuki 樋口さんのエッセイ。 配偶者にマッサージする そこは違う骨やと怒られる もうええわ!と言われる こ、こ、これは我が家?! 2年弱前 replyretweetfavorite