息子は「優しい子」になんて育ってほしくない

自分の子どもに対して「思いやりのある優しい子に育ってほしい」と願う親は多いと思います。しかし、下田美咲さんは息子を優しい人になど育てたくないと主張します。それは一体なぜなのでしょうか。

「恋人にするならどんな人?」という質問に「優しい人」と答える人は多いし、我が子について「どんな子に育ってほしい?」と訊かれた時に「優しい子に育ってくれればそれで十分」と答える親は多い。

これは日本人の国民性なのか、はたまた今がたまたまそういう時代なのか、よく分からないけれど、とりあえず私が物心がついた頃から現在に至るまで、世間では常に「優しいことは美徳」とされている。

実際に、息子を産んで子どもが出入りする場所に行くようになってからは、親が子どもに「人に優しくしなさい」と教えている場面をよく見かける。

しかし私は、息子を「優しい人」になど育てたくないと思っている。むしろ「どうしよう、優しい男に育ってしまったら…」と、それは恐れている将来像の1つですらある。

それはなぜか。

だって、優しい人って、幸せになる力が弱いんだもん。困る。親としては、それは1番困る!

私は我が子には、他人を幸せにすることよりも、自分自身を幸せにすることを大事にする人間に育ってほしい。

他人に優しくしている分だけ自分を蔑ろにする人

優しさって、実は「超・取扱注意」だと思う。上手に使わないとかなり危険。

大人になるほどに思うけれど、他人に優しくしている分だけ自分を蔑ろにしてしまっている人を、よく見かける。

「あなたって、性格の9割が優しさでできてるよね…!」と声をかけたくなるような優しい人って、ちょいちょいいるけれど、そういう人って大体が無気力気味だし、かなりの高確率で自分の幸せには無頓着。幸せになることをすっかり諦めている人もいたりする。

幸せになる気がないのって、親目線で見ると、この世で1番タチの悪いグレ方だと思う。

知人に、めちゃくちゃ優しい男の人がいるのだけれど、公私ともにあまりにも他人を優先していて自己犠牲が目に余るから「そんなにひどい奥さんと、どうして離婚しないの?そんな理不尽な職場にずっと勤める気なの?ずっとそのままで生きていくの?」と訊いたことがあった。

すると彼は、「今回の人生は、もう良いんだ。来世で幸せになるよ」と仏のような顔で答えた。

私はその時まだ独身だったけれど、なんだかゾッとしていまい、「これって、親だったら我が子に言われたくないセリフNo. 1だな…!」と思った。70歳くらいのお爺さんが言うのならまだわかる。けど、その時、彼はまだ20代前半の眉毛の細い若造だった。私はなんだか、親でもないのに悲しくなった。

優しい人って、大人になればなるほど、なし崩しの人生を送りがちのように思う。好きでもない相手と押されるがままに結婚したり。

「(俺は)いいんだよ、いいんだよ」と、何でもかんでも譲ることが癖みたいになっている人を見かけるたび、優しいことって場合によっては欠点だよな、と思う。自分のことを少しも大切にできていないその生き方に、どんな価値があるというのだろう。そんな風に優しさを垂れ流し始めたら、それはもう心が壊れていると思う。

優しいことが一番の個性みたいな性格をしている人で、幸せそうに暮らしている人を私は見たことがない。

人が使える優しさの量は限られている

とは言っても、もちろん、優しいことは魅力的なことで、私は人から優しくされることが大好きだ。もう何年も前から、自分の人生には私に優しくしてくれる人しかキャスティングしない方針であるほど、優しさは大事。

私は、人に優しくしちゃいけないとは思っていない。ただ、意志もなく癖のように、無意識に垂れ流してしまうのはヤバいと思っている。

私は息子には、優しさを使いこなせる男になってほしい。無意識に垂れ流すのではなく、相手によって使い分けてほしいし、目的を持って意図的に使ってほしい。

だって、人が使える優しさの量は限られているから。誰もが「1日は24時間」しかなくて、「自分の体は1つ」しか持っていない以上、人が使える優しさの量には物理的な限りがある。時間と体を使わずに優しくする方法などないのだから。

つまり優しさとは、とても貴重なものであって、誰彼かまわず振りまいていいものではない。

そもそも私には、誰にでも優しい人の良さが全く分からない。いわゆる「優しい人」というのは、誰にでも優しい人のことだと思うけれど、そんなのは自分の男にしたくないキャラNo.1って感じ。なぜかと言えば、誰にでも優しい人というのは誰のことも大切にできていない人だから。

アンパンマンが街の平和を守っている間、いつだって彼の自宅は放ったらかしになっているけれど、つまりそういうこと。

無条件に親切にしたり、不特定多数の人に優しくしているその裏側では、必ず身内にしわ寄せがいっている。よその人に優しければ優しいほど、家族や恋人は迷惑する。

私は「私にだけ優しい男の人」が好き。「街の平和は、どうでもいい」と言い切って、ちゃんと家にいて、家族を守ってくれる人がいい。

人から好かれるのは優しい人ではなく、面白みがある人
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
下田美咲の口説き方

下田美咲

下田美咲さんという女性をご存じでしょうか。13歳からモデルをしながらも事務所には所属せず、自宅の車を宣伝カーに改造してゲリラパフォーマンスを行ったり、「飲み会コール動画」などのオリジナル動画を180本以上手がけてYouTubeにアップ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ryoppei_ これはほんとにそう思う。 8ヶ月前 replyretweetfavorite

better_than_i_w |下田美咲の口説き方|下田美咲|cakes(ケイクス) まじでいいこと言う。 https://t.co/ZFXbtWdamp 8ヶ月前 replyretweetfavorite

V5qkdbkOAAoZ8tO |下田美咲の口説き方|下田美咲|cakes(ケイクス) 人間の多くの定義する幸せとかけ離れた幸せの価値観の人が社会にメッセージを出してるの凄いな https://t.co/8OYePXSMrE 10ヶ月前 replyretweetfavorite

TAISA083 必読だぞ! テストするからね!! 12ヶ月前 replyretweetfavorite