まだまだある!この8年間のワースト映画

美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛んだ奥さまと、2歳になった息子を育てる樋口毅宏さん。前回まで、2010年から樋口さんが連載されていた週刊プレイボーイの映画評連載終了を記念して、映画評のために見た200本以上の映画の中から樋口さんのベスト10とワースト5をお送りしてきました。今回はそれに収まりきらなかったワースト5作品をご紹介します。

結構手厳しいものもありますが、「ここまで悪く言うなら逆に観てみたい」と読者に思ってもらえるよう、ユーモアを心がけて映画評を書いています。

『Z~ゼット~ 果てなき希望』

ゾンビ映画は世界中に数あれど、ワースト候補間違いなし。

『サムライフ』

悲惨。

『太陽の坐る場所』

何も言うことはない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Baby Don't cry 〜赤ちゃんと俺とキレ妻と〜

樋口毅宏

伝説の育児日記が帰ってきた!『おっぱいがほしい!——男の子育て日記』で、各方面を騒然・唖然・呆然とさせた作家の樋口毅宏さんが、満を持してcakesで続編をスタート!美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛ん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません