この8年で観た映画ベスト10(後編)

美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛んだ奥さまと、2歳になった息子を育てる樋口毅宏さん。今回は2010年から樋口さんが連載されていた週刊プレイボーイの映画評連載終了を記念して、映画評のために見た200本以上の映画の中から樋口さんのベスト10とワースト5をお送りします。前回にひき続きベスト10からお楽しみください。

前回でもお断りしましたが、あくまでも週刊プレイボーイの映画評のために観た映画の中からのベストテンですからね!

『複製された男』

鑑賞後、最高のもやもや。

『凶悪』

白石和彌監督はその後も追いかけてほとんど観ている。どれも良いけど、やはり本作が飛び抜けている。

『嘆きのピエタ』

でもキム・ギドクも北野武も初期に限ります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Baby Don't cry 〜赤ちゃんと俺とキレ妻と〜

樋口毅宏

伝説の育児日記が帰ってきた!『おっぱいがほしい!——男の子育て日記』で、各方面を騒然・唖然・呆然とさせた作家の樋口毅宏さんが、満を持してcakesで続編をスタート!美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛ん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません