この8年で観た映画ベスト10(前編)

美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛んだ奥さまと、2歳になった息子を育てる樋口毅宏さん。今回は2010年から樋口さんが連載されていた週刊プレイボーイの映画評連載終了を記念して、映画評のために見た200本以上の映画の中から樋口さんのベスト10とワースト5をお送りします。まずはベスト10からお楽しみください。

プレ映画評(2010~18)総括

2010年から連載してきた週刊プレイボーイの映画評が終わった。

「毎週やってほしい」という編集部からの要望でしたが、「小説を書く時間が無くなるので」と月一回にさせてもらい、「点数も星も付けたくない」と、こちらのわがままを全部受け入れてくれました。9年の間に編集長はふたり代わった。感謝しかないです。

今回は連載終了を記念して、週プレに掲載されたテキストをそのまま使用して(すいません、一部が見つかりませんでした)、週プレ映画評のために観た200本余りの映画(もちろんそれ以外にも鑑賞してますよ)の中から、ベスト10とワースト5を発表します。

ベストはみなさん知っている映画があるでしょうけど、ワーストはご存知ないものが多いだろうと思います。

週プレから依頼がなかったら、「自分が好きなタイプではないから」と、善かれ悪しかれ接することがなかった映画を観ることができたのは、いい経験になりました。

作り手からすれば悪口と受け止められかねないレビューを、ネットにアップすることは、むざむざ敵を増やすことなので、本当は嫌なのですが、いま思い起こしても怒りが巻き起こる作品なので構わないでしょう。

文字数は一律220字で、良い映画はこれでも足りるけど、悪い映画はダメなところをいちいち挙げたくなるので、まったく足りない。

これ、むかし江口寿史先生がご自身のHPで「ラーメン道場やぶり」という、ラーメン食べ歩きの連載をしていたとき、同じようなことを書いていました。

「美味いラーメンは〝美味い〟で足りるけど、まずいラーメンはあれこれ言いたくなる」(要旨)と。映画も同じですね。

なお、2015年に上梓した『さよなら小沢健二 樋口毅宏サブカルコラム全集1994~2015』(扶桑社)で、2011年から2015年までの全テキストが読めます。

それでは週プレ映画評から、まずはベスト10から。順不同です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Baby Don't cry 〜赤ちゃんと俺とキレ妻と〜

樋口毅宏

伝説の育児日記が帰ってきた!『おっぱいがほしい!——男の子育て日記』で、各方面を騒然・唖然・呆然とさせた作家の樋口毅宏さんが、満を持してcakesで続編をスタート!東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛んだ奥...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません