#13 キーワードは“東北人” ネオ・チャイナタウンの現実

在日中国人が集まるエリア、東京・池袋駅北口かいわい。横浜や神戸の中華街がテーマパーク風とすれば、ここは生活感あふれる“リアル・チャイナタウン”。その勢力図が変わりつつある。
根本直樹(ライター)

 池袋駅北口から歩くこと数分、11階建ての古びた雑居ビル、通称“チャイナビル”がある。エントランスには、中国語の社名、店名が書かれた郵便受けがずらり。壁には「晩上、請保持安静(夜は静かに願います)」と書かれた張り紙がある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ニッポンの中国人 全解明

週刊ダイヤモンド

在日中国人“100万人”時代は間近──。2000年時点で32万人だった在日中国人は、今やその3倍近くにまで膨れ上がった。変わったのは人口だけではない。その中身もまた、多くの日本人のイメージを打ち壊すほどに変貌しているのだ。富裕層から裏...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません