ベッドで「わたし、やな女だよね」と言わせてしまった夜

高校時代の同級生・加瀬ユリカとカラオケでエロい雰囲気になった23歳の野口祐介。「鏡月」を口移しした勢いで、「今夜は好きなだけ甘えればいい!」とユリカをホテルに連れ込みますが……。
前編「高校時代のマドンナと、『鏡月』を口移しした夜」はこちらからどうぞ。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
やれたかも委員会

吉田 貴司

あのとき、もしかしたら、あの子とやれてたかもしれない……。男たちのそんな「やれたかも」を、「やれたかも委員会」が判定します。漫画家・吉田貴司さんが描く、切なくも可笑しい話題作! やれたかもしれなかった夜は、人生の宝です。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ikuji_to_IT (´-`).。oO地雷臭しかしないから無理だ。 無料公開中だそうです。 3年以上前 replyretweetfavorite

youthk_1101 この世で最も悲しい話かもしれない 3年以上前 replyretweetfavorite

HHIKARI7 ホントにやな女だわw。 3年以上前 replyretweetfavorite

34colorchoice79 いやーほんと最高w 女は怖いな〜笑笑 3年以上前 replyretweetfavorite