私たちは結局、自分自身とセックスしたい=つながりたいのかもしれない。

孤独や虚しさの渦中にいる時は、今の状態が永遠に続くかのように錯覚しがちです。独りよがりの義憤に駆られて社会への呪詛を唱えたり、誰かや何かを貶めることで自己肯定するといった、他責思考に陥ったことはありませんか? 坂爪さんは孤独から抜け出す武器をどのようにして手に入れたのでしょうか? 『孤独とセックス』も読んでね。

●自分で設定した問いを自力で解く

不可能に思えた東大合格という目標をどうにか達成したこと、それに伴うカタルシス(精神の浄化)の獲得によって、16歳の時から3年以上にわたって続いた私の孤独な生活は、ようやく終わりを迎えました。「自分で設定した問いを自力で解く」という課題をクリアしたことで、ようやく「大学」そして「東京での新生活」という社会につながることができたのです。

「自分は悪くない。悪いのはあいつらだ」といった自己防衛のための他責思考にすがったり、他者と自分を比較して「みんなに比べて、自分はダメだ」と落ち込んだりせずに、「周りがどうであろうと、自分は自分でOK」と自信を持って言えるようになった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「誰と交わっても空しい」あなたに贈る、生き抜くためのサバイバルガイド!

この連載について

初回を読む
孤独と性をめぐる11のレッスン

坂爪真吾

高校の三年間、友だちは一人もできなかったし、恋人も作れなかった。恋愛もセックスも何一つできなかった。一発逆転を賭けて東大を目指すも、センター試験は全教科白紙で提出。すべてから逃げ出した坂爪少年は「卒業式が終わったら、自殺しよう」と決意...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

3839Ay 「セックスをすれば救われる」「寂しさから癒される」というのは、いずれもあなた自身の実体験から生まれたものではないはずです。(中略)虚しさから抜け出すためには、自分で設定した問いを自分で解くことが必要になります。 https://t.co/9RcN8cn1sO 1年以上前 replyretweetfavorite