育児中、私が夫を嫌いにならないために工夫していること

結婚当初は仲が良かったのに、子どもが生まれて育児が始まったら夫への気持ちが冷めてしまった、という女性は少なくありません。おもに「育児をしてくれない」「家事をしてくれない」など、夫に幻滅することが多いからのようです。でも、下田美咲さんは出産から1年たった今も夫婦仲が良好なのだそう。それはなぜなのでしょうか?

一般的に、子どもが生まれると、育児が大変すぎて、仲が悪くなる夫婦が多い。多くの子持ち妻は、夫を恨めしく疎ましく思っているイメージがある。

いつも連載を読んでくれている読者様ならご存知のことと思うけれど、私は、一般論への理解が薄い方だ。

しかし、この件に関しては、珍しく「そうなるの、わかる!」と思っていて、世論に共感している。

実際に子どもを産んで育ててみると、育児をキッカケに夫に幻滅したり絶望したりして、もはや嫌いになってしまう状況は、とても理解できた。「普通にしてたら、まず、そうなりそう!」と思った。

そう。「普通にしてたら」。

だから、私は工夫をしている。

その結果として、子どもを産んで1年が過ぎた現在も私たちの夫婦仲は良好で、私は今のところ彼のことをちゃんと大好きでいる。

カップルと夫婦では努力の方向がまるで違う

結婚と恋愛は全く違う、というのは、いろんな意味において思うのだけど、さらに子育てが加わってくると、マジで全く違う。

何が違うって、1番は、2人の仲をキープするために"するべき努力"がまるで異質。

恋愛時代は「どうしたら自分のことを好きになってもらえるか?」という努力が基本であり、というか、もはやそれに尽きる。好きになった人に対して、"自分を好きになってもらうための工夫"を凝らせば、恋愛は上手くいく。

だけど、夫婦になって子育てを始めると、「どうしたら相手のことを嫌いにならないで済むか?」という努力をすることが、とにかく大事になってくる。

というのも、夫婦という間柄で子育てというプロジェクトに共同で取り組むと、相手のことを嫌いになるキッカケが、山ほどある。

恋愛時代の恋人たちは、お互いを甘やかしたいだけ甘やかしていればいいだけだから、基本的に普通にしてれば平和なのだけど、子育てはそうはいかない。

「かなり危なっかしい生き物の命を守る」という難易度の高いミッションであるがゆえに、次から次へと責任問題が出てくるから、とにかくシビア。かなり神経質に取り組まないと、無事に守ることができないし、色ボケしててうっかりして、子どもに治らない怪我など負わせてしまったら最悪で、責任が取れない。

恋愛時代は、メンヘラな言動に走らない限りは平和な空気が保たれるけれど、育児中の夫婦生活は全然違う。

普通にしてるだけで、四方八方から雨風が吹き荒れてきて、愛の火が危険にさらされる。絶対に消させない!と決意をして、その火を守るための行動を取らないと、それは簡単に消えてしまう。

そんなわけで私は、旦那さんを嫌いにならないための工夫を凝らしまくっている。普通にしてたら嫌いになりそうな予感しかしないから、だけど一緒に居たいから、彼のことを好きじゃなくなるのは避けたいことだから、そうならないように対策を打っている。

1から100まで全部言う

具体的には、不満や文句を片っ端から声に出して伝えることにしている。1から100まで全部言う。だからほとんど1日中「あれをしないで」「これをして」と言っている。

私は、少なくとも「そんなことを思ってるなんて知らなかったから…」とか「知ってたら直したのに」なんてことで、夫婦仲をダメにしたくない。

彼と私の仲が壊れることがあるとすれば、それは「美咲ちゃんがそう思っているのは知っているけど、俺はこれは譲れない。美咲ちゃんがなんと言おうと、俺はこう生きる」ということだけにしたい。

だから、リクエストがあれば伝えるし、クレームもどんどんぶつける。「気が付いてよ」とか「そのくらい察してよ」というのは、自分の中で禁句にしている。してほしいことは要求する。してほしくないことは禁止にする。

言えば分かってもらえることを、言ってないせいで分かってもらえなくて、それでストレスを感じたり、それが引き金になってお互いのことを嫌うなんて馬鹿馬鹿しいから、少なくとも、私が彼のことを嫌うときは、彼の確固たる意志に対してでありたくて、「そういう意志があるのなら、一緒に生きていくのは無理だね」以外の理由では、夫婦仲を壊したくない。

子どもの前でダメな言葉遣いをしないで

彼に対する不満は、大きく分けると2種類あって、1つは「育児に悪影響があることはやめてほしい」ということ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
下田美咲の口説き方

下田美咲

下田美咲さんという女性をご存じでしょうか。13歳からモデルをしながらも事務所には所属せず、自宅の車を宣伝カーに改造してゲリラパフォーマンスを行ったり、「飲み会コール動画」などのオリジナル動画を180本以上手がけてYouTubeにアップ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

cinquantieme >具体的には、不満や文句を片っ端から声に出して伝えることにしている。1から100まで全部言う。 約1年前 replyretweetfavorite

shimodamisaki 1位だ♡ やったー♡ 約1年前 replyretweetfavorite

granat_san 子供に与えるボキャブラリーについて、すごくクリアだ。子育て中ではないけど素晴らしいと思う。 約1年前 replyretweetfavorite