バイキンマンがしょぼくれた中年になった世界の話

美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛んだ奥さまと、2歳になった息子を育てる樋口毅宏さん。前回に続き、今回も息子のアニメ鑑賞に付き合いながら妄想を膨らませた樋口さんの、ディストピア感溢れる「大人のアンパンマン」をお届けします。ラストは感動……!?

⑥中年バイキンマン(長いです)

かつては悪として鳴らしたバイキンマンは歳を取り、しょぼくれた中年サラリーマンになっていた。

満員電車で足を踏まれチカンと間違われ、部下だったかびるんるんに先に出世され、上司やお得意様にペコペコ。

狭い家に帰れば嫁のドキンちゃんの愚痴ばかり。

「バイキンマン、もっとお給料上がらないの?このままじゃこの子はバイキンマンと同じ落ちこぼれ人生よ」

親の悩みを知らず、赤ん坊のバイキンマンジュニアはにこにこ笑っている。

(ちなみにホラーマンはいまだにドキンちゃんが好きで、明るいストーキングをしている)

バイキンマンはかつての日々が恋しい。

アンパンマンと戦った燃え盛りし日々。

生きている実感があった。

どうにかしてあの日に帰りたい。

アンパンマンはどこに行った—?

バイキンマンはドキンちゃんに訊ねる。

「アンパンマンのこと覚えてる?あいつはいまどうしているんだ?」

ドキンちゃんの顔が蒼白になる。

「忘れちゃったの?バイキンマンがアンパンマンを倒したんじゃない?」

「ええっ、ジャムおじさんはアンパンマンに新しい顔を作らなかったの?」

「何言ってるの?バタ子さんと工場ごと燃やしたじゃない」

「誰が?」

「バイキンマンが!」

「………………」

「かわいそうに。念願の打倒アンパンマンを果たしたのに、ライバルを失くしたショックで記憶が飛んでいるのね」

「ドキンちゃん、おいらはなんでアンパンマンを倒したのに、この世界の王様になっていないんだ?

正義を倒したんだから、おいらが悪の王様になっていいのに」

「バカね、バイキンマン。正義と悪は諸刃の剣。悪が滅んだら正義の存在意義が無くなるけど、正義が滅んでも悪は失墜するのよ。

だからいまバイキンマンはこんなしがない生活を送っているんじゃない」

バイキンマンは言葉を失くす。

その日も上司や、かびるんるんに嘲笑される。

バイキンマンは会社から逃げ出す。

スーツを脱ぎ、ネクタイを投げ捨てる。

向かうはバイキン仙人のもと。

バイキンマンは問う。

「バイキン仙人、どうやったらアンパンマンやジャムおじさんは甦る?」

「遠い霧の世界の果ての果て、何でも復活させる赤い花が1年に一度咲くという。

その花の露があれば、病気で苦しんでいる者はたちまち治り、死んでいるモノも生き返るという。

それがあればアンパンマンを復活させることができるかもしれない」

バイキン仙人でさえ、それ以上のことはわからない。

もっと詳しい場所を知ろうと、氷の女王、すなおとこ、メコイスの大魔王などに訊いて回る。

—アンパンマン、待ってろ!

そして遂に赤い花をゲット。

そこにドキンちゃんから連絡。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Baby Don't cry 〜赤ちゃんと俺とキレ妻と〜

樋口毅宏

伝説の育児日記が帰ってきた!『おっぱいがほしい!——男の子育て日記』で、各方面を騒然・唖然・呆然とさせた作家の樋口毅宏さんが、満を持してcakesで続編をスタート!東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛んだ奥...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

izaken77 くだらないww おもしろいww 約2年前 replyretweetfavorite