穏やかなセックスレス」でいられるのはポリアモリーだからこそ

複数の人と同時にそれぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイル「ポリアモリー」。先日、ポリアモリーについて語る会を開催したきのコさんは、そこで話題となった内容をもとに「結婚とセックスレス」について考えていきます。


※きのコさんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください!HN・匿名でもかまいません。

こんにちは、きのコです。

2017年に千葉の金谷で開催した「田舎でポリアモリーを語る会」。今年も再びカルロスさんとの共催で、ポリアモリーについて、結婚やパートナーシップについて、セックスについて、ざっくばらんに語り合いました。(【7/14-15(土日)】複数人と同時交際する“ポリアモリー”を田舎で語る会

そこで出た話題をもとに、今回は、結婚とセックスレスについて考えていきたいと思います。

たとえ結婚したからといっても

ポリアモリーがテーマのイベントであってもなくても、結婚の話は、いつも白熱します。たとえ結婚したからといっても、何もかもパートナーと一緒に営むことはできないよね……という意見が多く聞かれました。

友人だったら、自分のしたいことや相手との共通点によって「カラオケするならこの友達と」「恋バナするならあの友達と」とそれぞれに友達付き合いをするのは、よくあること。なのに、これがパートナーとなると、その「ジャンル分け」はなぜか許されません。

なぜ、恋愛、セックス、同棲、結婚、育児、もしかしたら介護や看取りまで、これらの営みを全て、たった一人のパートナーとだけ一緒にやっていかなければならない(しかも、死が二人を分かつまで!)のでしょうか?それぞれにおいて、相性のよい別々のパートナーと実践することもアリではないかと思うのです。

参加者の一人・イカさんは、自身のブログで、そのことを見事なたとえで表現してくれました。

パートナーだけではカバーできない部分。
そのカバーできない部分を1人しかない相手に求めるから苦しいんだと思うんですよね。
相手に素養がないのに求めるから叶わない。
それって
魚屋に「野菜をください」と言っているようなもの。
その場合やるべきことは
八百屋に行って「野菜をください」と言うことなんじゃないかと思うのです。
【セックスレスとポリアモリー】結婚相手がすべてをカバーするってそもそも無茶な話だと思うんだ」より)

パートナーは一人だけという前提があるから、「完璧な相手を見つけなければいけない」というプレッシャーが生まれるし、それが結婚のハードルを上げてしまっているのかもしれません。

大事なセックスの話

“一人だけ”問題と絡めて、セックスとセックスレスについても、真剣な議論が交わされました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし、恋人が2人います。

きのコ

「ポリアモリー」という言葉をご存じでしょうか? ポリアモリー(複数愛)とは、複数の人と同時に、それぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイルのことをいいます。浮気でも不倫でも二股でもない「誠実で正直な複数恋愛」とはどのようなものなの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

huiluk 1件のコメント https://t.co/xZsCk80Ec0 約2年前 replyretweetfavorite

huiluk 1件のコメント https://t.co/xZsCk80Ec0 約2年前 replyretweetfavorite

HeightsLima https://t.co/fjNekUFtO8 約2年前 replyretweetfavorite

akubichandobin 沢山のパートナーを作ることに どう同意してもらうのか 相手にも沢山パートナーがいていい それがいいという人 それはダメな人 沢山パートナーがいたら嫌 という人とは 別れしかないのか ・・・ https://t.co/iMWajjQNIU 約2年前 replyretweetfavorite