フジロック最終日:妻に4回怒られたこと以外、あまり覚えていない

美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛んだ奥さまと、1歳8カ月の息子を育てる樋口毅宏さん。前回に続き2017年のフジロックの日記をお届けいたします。前夜祭「生まれも育ちも悪い人間として限界を感じた」、初日「『これは修行なのだ』と自分に言い聞かせる」、2日目「小沢健二のステージはがっかりだった」もあわせてどうぞ。

7月30日(日)

ふさ大激怒。部屋には他の家族もいるのに、おかまいなしに怒り炸裂。

「もう帰る」と吠えるのをなだめすかし(デジャヴ)、ドラゴンドラに誘う。

景色最高。神の視点。機嫌治してくれたかな。

ところが山の上に着いたところでやっぱり雨。

いったん安東宿に戻る。またしても諍い。

気持ちがフェスではなく家庭内紛争に向いているため、この日は何を観たか、ろくに思い出せない。

夜は大トリのビョーク。あまりぴんと来ず。

これなら同時間のthundercatを選択すれば良かったと、詮無い嘆き。

今年のフジロックは、足にも宿にも人にも恵まれたけど、天気だけは見放された。

ふさに4回怒られた以外、あまり覚えていないフジロック2017。

結論、フジロックは赤ん坊とエキセントリック妻と行っちゃダメ!

今年のフジロックは、NERD、ケンドリック、ディランと、完全に世界標準だけど。

もう行かないよ!こりごり!

とまあ、いくらノンフィクションとはいえ、こんな尻すぼみでは、さすがにどうかと思うので、樋口のフジロックベストアクトをざっと挙げておきます。以下、順不同。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Baby Don't cry 〜赤ちゃんと俺とキレ妻と〜

樋口毅宏

伝説の育児日記が帰ってきた!『おっぱいがほしい!——男の子育て日記』で、各方面を騒然・唖然・呆然とさせた作家の樋口毅宏さんが、満を持してcakesで続編をスタート!美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛ん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

michael_shinshu これ三輪さんだからキレ妻ってわけじゃないよ。言う通りちゃんとまかせられたらくるりだって観たかったのだと思うよ。 https://t.co/mVONQvSwOx 2年弱前 replyretweetfavorite

JohnIll かわいそう過ぎる… 2年弱前 replyretweetfavorite