正露丸を買いに行った帰りに、人生最大の便意をもよおす

美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛んだ奥さまと、1歳8カ月の息子を育てる樋口毅宏さん。2017年7月中旬の日記をお届けします。7月初旬の日記はこちらからどうぞ。

7月9日

夢のような前夜から一転、ワンオペ育児の現実に戻る。つらい。

かずふみを、ふさこが買い物に連れて行ってもらう。

仕事が2時間できる。ありがたい。

深夜、ふさこのお父さんが亡くなったと知らせが入る。

お父さんは7年前に大腸ガンと脳梗塞を患って、話せないような状態が続いていた。

お母さんがお家でずっと介護をされていた。享年75。

電話の後、ふさこが泣いている。

7月10日

「感染性胃腸炎ですよね?ちゃんと病院で診断してもらって下さい」

と言われて、保育園に連れて行って1時間後でお迎えに。てんで仕事にならん。

ふさの帰宅を待ち、夜、一緒に京都から福山の実家へ。

お父さんは永遠の眠りについていた。手を合わせて、こころの中で祈る。

「長い間お疲れ様でした。かずふみの成長を見守って下さい」

お母さんも介護お疲れ様でした。

7月11日

午前中からふさこの期日(裁判のこと)があるため、早朝から新幹線で京都に戻る。

かずふみを寝かせたまま抱っこで移動。自分でもスキル上げたなと思う。

7月15日

ふさこ、今週はキャスト、ビビット、ミヤネ屋、ウェイクアッププラスに出演。

しかし途中、腹痛でダウン。

ふさこの代わりに正露丸を探しに、近所のマツキヨまで買いものに出かけたが、人生最大の便意をもよおし、うんこを漏らしながら帰宅。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Baby Don't cry 〜赤ちゃんと俺とキレ妻と〜

樋口毅宏

伝説の育児日記が帰ってきた!『おっぱいがほしい!——男の子育て日記』で、各方面を騒然・唖然・呆然とさせた作家の樋口毅宏さんが、満を持してcakesで続編をスタート!美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛ん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Nrva8iwlgctd #スマートニュース 2年弱前 replyretweetfavorite