種まで甘い! しっとりやわらかピーマンの、うまみたっぷりスープ

鮮烈な香りと味わいをもつ旬のピーマン。そんなピーマンを塩昆布で味付けして、丸ごと食べるスープをご紹介します。
スープ作家の有賀薫さんのスープレッスン。『帰り遅いけどこんなスープなら作れそう』も大好評発売中です。

旬のピーマン、全部食べ。

6月ごろから、ピーマンの旬がはじまります。ピーマンを食べるときは種やヘタをとって料理することが多いと思いますが、旬のはじめの頃のピーマンはやわらかいため、種までおいしく食べられます。今日は、ピーマンを余さず使って簡単にできるスープを作りましょう。

ピーマンは半割にして、少量の油を使い、フライパンで焼き目をつけてから、水を加えてふっくら煮上げます。だしと味つけを兼ねて入れるのは、乾燥タイプの塩昆布。佃煮タイプの昆布から醤油の色が移って色もつき、よいだしも出てくれます。

プチプチした種まで甘く、しっとりやわらかいピーマンは、いくつでも食べられそうな新鮮な味わい。きれいなピーマンが手に入ったら、たっぷり作ってくださいね。


半割ピーマンのスープ

材料(2人分) 所要時間約10分

ピーマン 2~4個(約100g)
塩昆布 5g(約大さじ1)
塩 小さじ1/2
サラダオイル 小さじ1/2~1
水 約500mL

作り方
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

スープ・レッスンが本になりました! 好評発売中です!

スープ・レッスン

有賀 薫
プレジデント社
2018-09-27

この連載について

初回を読む
スープ・レッスン

有賀薫

鍋ひとつ皿一枚で作って食べられる、簡単で失敗しにくく作り置きがきく、朝や夜遅くに食べても体に負担がかかりにくい……作る、食べる、両面において楽なスープは、忙しくて充実した食事がとれないと悩む人にぴったりの料理です。旬の野菜をたっぷり食...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

IQZiYaxFSm0h3p3 今朝つくったもの。有賀薫さんのレシピは、ミニマムなつくりで素材の味がよくわかる 慣れ親しんだ野菜にも新しい発見が必ずあって、つくるのがたのしい 野菜を余すところなく使うのも好き 思わずcakes課金した、、 https://t.co/H5pk1ua1zo 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

IQZiYaxFSm0h3p3 今朝つくったレシピ。有賀薫さんのお料理は、ミニマムで素材の味がよくわかる 慣れ親しんだ野菜にも新しい発見が必ずあって、つくるのがたのしい 野菜を余すところなく使うのも好き 思わずcakes課金した、、 https://t.co/EcYkruAwGb 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

IQZiYaxFSm0h3p3 今朝つくったレシピ。有賀薫さんのお料理は、ミニマムで、素材の味がとてもよくわかる 慣れ親しんだ野菜にも新しい発見が必ずあって、つくるのがたのしいです 野菜を隅々まで余すところなく使うのも好き 良すぎてcakes課金した、、 https://t.co/H5pk1ua1zo 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

totorong0503 ピーマンだけでこの”ごちそう感”すごい。みんなに味わってもらいたい。 3ヶ月前 replyretweetfavorite