オフィスハック

いいか、日本は沈没するんだぜ

肥大化し身動き不能となった巨大企業「T社」。社内調整専門部署「四七ソ」の香田と奥野に、今日も新たな社内調整指令がくだる。オフィスの中のクソ野郎どもを、スタイリッシュかつアッパーに撃ち殺せ! テイルゲート! ショルダーサーフ! 禁断のオフィスハック技の数々を正義のために行使せよ! ◆全サラリーマン必読のスパイアクション小説『オフィスハック』より第1話「ONDO社の社内調整」を連載!◆

◆#1◆

「ですから、このような事は倫理的にも決して許されず……アグッ!」

 峰の視界にスパンコールじみた星が散った。背後から後頭部を銃底で一発。まるで映画のような手際だった。オフィスに銃。法治国家ではあまり馴染みのない絵だが、残念ながら現実だ。

 峰はハーマン・ミラー製の黒いチェアから灰色のカーペット床へと転がった。仰向けのまま鼻血が垂れ、喉まで落ちた血が絡んで、ゴボゴボ鳴った。

「どういうつもりだ? 新人なんか送り込んできて」

「後始末の手間が増えちまったぞ」

「なんかマズくないスか。このままやるんですかね」

 上等なスーツ姿の男たちが峰を見下ろしている。皆、落ち着き払い、だがどこか他人事のように囁き合う。

「当然すすめるさ。俺はそういう契約で来てるんだ」

 ”サカグチ” が黒い拳銃を胸のホルスターに仕舞った。峰はその動きを目で追おうとする。いま思えば最初からこの男は臭かった。名刺を出そうとせず、IDはおろか、サカグチがどんな漢字なのかも解らず仕舞いだ。本名かどうかすら怪しい。

「ううッ……」

「お前、まだ意識あるのか。頑丈な奴だな。でも頑張りどころをまるで解っちゃいない」

 サカグチは言った。

「いいか、日本は沈没するんだぜ。そんな泥舟にいつまでも乗り込んでいられるほど、我々は呑気じゃない」

 歳は30代後半。きつめのパーマに顎髭。淡いピンク色の混じったストライプシャツ。鋭いネクタイ。やや艶のあるスーツ上下。小洒落た革のスリッポンを素足の上に履いている。峰は反論しようとした。だが言葉が出てこない。もう呂律も回らなかった。

「処理業者、次、何曜日だっけ?」

 サカグチが近づいてきた。峰の意識はそこで飛んだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

オノ・ナツメさん画のポストカード当たる!書籍ご予約はこちら

オフィスハック

本兌 有,杉 ライカ,オノ・ナツメ
幻冬舎
2018-04-19

この連載について

初回を読む
オフィスハック

ダイハードテイルズ

これぞ日本版キングスマン/会社あるあるが笑える/スカッとする!/早く映像化して! などTwitterで話題のスパイアクション小説『オフィスハック』(著:本兌有・杉ライカ、画:オノ・ナツメ)をリバイバル連載!(あらすじ)「ウチの不祥事が...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ubmzh #オフィスハック #dhtls #njslyr 香田ちゃんはかわいいね! #濡れたサラリマン はかわいいね! 興奮するよね! https://t.co/aRpbGzf1Lf 2年以上前 replyretweetfavorite