ほぼワンオペ育児だけど、私の子育てが楽勝な理由

赤ちゃんが生まれると、一日中赤ちゃんの世話に追われて、「自分の時間が取れない」と嘆くママやパパは多いと思います。しかし、下田美咲さんは、子育てを大変と思ったこともなければ、「自分の時間が取れない」と感じたこともないと言います。なぜ下田さんは子育てを楽勝だと感じているのでしょうか?

出産する前、よく「赤ちゃんが生まれたら自分の時間なんて一切なくなるよ」と言われていた。いろんなことに対して「今しかできないから今のうちにやっておきなね」と。一般的にも「赤ちゃんを育てるのは大変」「ワンオペ育児は大変」「自分の時間が持てない」というのはよく言われていることだと思う。

だけど私の場合、まず2カ月目の時点ではまったく大変じゃなかった

そして先日、赤ちゃんを育て始めて半年たったのだが、やっぱり今のところは子育てについて「大変」と思ったこともなければ、「自分の時間が取れない」と感じたこともない。

なんで私はこんなに楽勝なのだろうか

仕事がある日の旦那さんは仕事で体力を使い果たしてしまっていて使い物にならないから、育児に関しては基本的に24時間ワンオペでやっているし、家事についても主に私がやっているけれど(彼は家事全般が苦手で、やってくれてもヘタクソなため)、それでも自分の時間は取れている。

どのくらい時間があるかというと、普通に、妊娠する前と変わらない量の原稿を書くことができている。

週に2日ある旦那さんの休日は自分も休日にしながら(一文字も書かない)、 月に25本ほどある締め切り原稿をこなして、毎月だいたい書籍1冊分くらいの文章を残している。そのくらいの時間は取れている。

だから、世のお母さんたちがいう「赤ちゃんを育てるのは大変」「ワンオペ育児大変」「自分の時間が持てない」が、全然わからない。子どもが2人以上いるのならば状況がまるで違ってくるからわかるけれど、1人しかいないのであれば「何が?」「なんでそんなに大変なの?」「家事・育児の何に、そんなに時間を取られてるの?」と、ただただ不思議に思う。

それで「逆になんで私はこんなに楽勝なのだろうか」と考えてみた。

おそらく私は、育児を快適にすることや生活を便利にすることに、かなり力を注いで生きているからなのではないか、と思った。

洗濯のハードルを下げるためにしたこと

例えば、洗濯問題。赤ちゃんを育てていると、とにかく洗濯物が増える。着替えさせた瞬間にウンチが漏れることなど日常茶飯事だし、オムツの作りと身体のサイズとおしっこの量とウンチの硬さの兼ね合いなどで、どう気をつけても毎日漏れまくる時期などもある。それに生まれてからしばらくは胃の形が未熟だから、体を傾けただけで吐いてしまったりする。起きている間中よだれを垂らしているから、よだれかけやらこちらの服やら、すぐにビショビショになる 。

シーツやタオルや洋服が、本当にひっきりなしに次々と汚れていく。どんどん洗濯をしないと間に合わない。

だから私は、出産前に全自動の洗濯機に買い換えた。それまでは干していたけれど、それだと干す余裕があるタイミングでしか洗濯ができないから不便だし 、たまたま洗い上がりのタイミングで育児が立て込んでしまったら中途半端に生乾きになって洗い直しなんてことにもなりかねない。

そんな風に、干す必要があると洗濯をするハードルが上がるし、そもそも、干すのってかなり面倒くさい。洗濯が面倒くさいことだと、「洗濯しなきゃ」と 思うたびにストレスを感じることになるから困る。

だって、洗濯をすることがストレスになってしまうと、赤ちゃんが洗濯物を増やすたびに「うわ」「また」「面倒なことを」と感じてしまいかねない。

赤ちゃんは何も悪くないのに、そんな母親になりたくない。(そもそも赤ちゃんが汚れ物を出す時、赤ちゃん本人は何もできないことが大前提の存在である以上、何が起きてもそれは赤ちゃんのミスや失敗などではなく、必ず親の不手際)

それに、洗濯が面倒なことだと、定期的に「私は、もう今日は疲れた。あなたがやって」と言いたくなり、おそらく夫婦喧嘩の原因にもなる。

だから、洗濯をすることのハードルを下げるために、全自動にした。そうすれば洗濯は、洗剤を入れてボタンを押すだけの作業になる。赤ちゃんにまつわる洗濯物はどれもシワや傷みを気にしなくていいようなものだから乾燥機で全く問題がない。

だから私は完全母乳にこだわった

それとか例えば、授乳問題。生まれてからしばらくは授乳回数が多いし、哺乳瓶はいちいち消毒をする必要があって手間がかかる。

だから私は完全母乳にこだわった。ミルクって大変そうだよな、と思ったから 、母乳だけで育てられるように産む前から準備をしていた。

ミルクの何が大変って、一番は、徒労感があるところだと思う。

夜間授乳では、赤ちゃんが泣くたびに、睡魔をどうにか振り払って起き上がりミルクを作りにいくわけだけど、そこまでしたのに泣いている理由がミルクではないパターンなどよくあるだろうし、作っている間に寝ちゃってて結局飲まないパターンなどもあるだろう。

作ったミルクは保存がきかないから捨てるしかない。 けたたましいほどの泣き声を聞きながらのミルク作りは焦るし、大急ぎで作ったのに結局そのまま捨てるようなことが続くと、きっと振り回されている気分になる。

それは心が疲れてしまうし、そうなると赤ちゃんに泣かれること自体がストレスになりかねない。私は息子が泣くことを歓迎できる母親でありたいから、それは困る。

だから産む前に、どうすれば母乳育児で苦労しないで済むのかを、めちゃくちゃリサーチした。何冊も本を読んでは「うーん」「この理屈はどうなんだろう」と、どんどん却下して、やっと「これだ! このやり方でうまくいくなら理想的だし、この本の理屈は腑に落ちるし、好き!」という一冊を見つけた。そして産院の指導をそこそこにスルーして、主に本に書いてあることを実践したところ、初日からとくに苦労なく完全母乳で育児をすることができた。

母乳の良さは、とにかくこちらが楽なところだと思う。何泣きなのか分からない段階で念のために飲むかどうか分からないミルクを作り、結局ほとんど捨てることになる徒労を避けられるのは、かなり大きなメリット。 大変だと言われがちな夜間授乳にしても、母乳で添い乳だと、もはやしたのかどうか覚えていないほど、ほぼ起きないままでサクッと完了できるから少しも大変じゃない。

疲れるのは、笑いの取り方が中途半端だから

それとか例えば、赤ちゃんが泣きやまない、寝かしつけが大変、という問題に関しては前回の記事「赤ちゃんが泣きやまなくて困ったことなんて一度もない」に書いた通り。

あとは、赤ちゃんが夜に起きるから寝られないという問題に関しても、以前に書いた通り

あとは、何だろう。そういえば先日「赤ちゃんと遊ぶのが疲れる」と言っているイクメンがいた。それに関して私が思うのは、笑いの取り方が中途半端なのでは、ということ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
下田美咲の口説き方

下田美咲

下田美咲さんという女性をご存じでしょうか。13歳からモデルをしながらも事務所には所属せず、自宅の車を宣伝カーに改造してゲリラパフォーマンスを行ったり、「飲み会コール動画」などのオリジナル動画を180本以上手がけてYouTubeにアップ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

toy_1994_ |下田美咲の口説き方|下田美咲|cakes(ケイクス) この人の考え方、見習おうと思う。 https://t.co/TxuFMlvztH 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

kanehamaasami なる程。 全自動洗濯機とルンバと食器洗い機…買えるようがんばろ😂❣️ 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

mary_r4l こういう声を挙げてくれる人が増えたらいいなぁ。https://t.co/LyV8fvV65n 3ヶ月前 replyretweetfavorite

RIBqeMW8G2cgOaN 実家に頼りたいんですか? こちらの美女の持論をガチで実行すれば大丈夫ですよ😊目から鱗😊😊😊 https://t.co/Dz9FoH2LcH https://t.co/Acpn7onmRS 3ヶ月前 replyretweetfavorite