2番目の妻」を望む一夫多妻制の部屋

「4人の妻がいる夫と暮らす部屋」(セネガル)と「河の水上に浮かぶ部屋」(ブラジル)。ある若きフランス人写真家が6年かけて世界を旅し、55ヵ国1,200人のベッドルームを撮影。世界の「違い」を「同じアングル」であぶりだした壮大なドキュメンタリー作品がついに日本上陸。
都築響一も絶賛! 3月16日発売 『My Room 天井から覗く世界のリアル』より特別連載。

Senagal/セネガル

セネガル:一夫多妻制の国
人口:1560万人 平均月収:情報なし 公用語:フランス語

4 人の妻がいる夫と暮らす部屋

「私の夢は裕福な男性の2人目の妻になることです。」
Fatou / 18歳 仕立て屋

Salam aleykoum, aksil si diam sama néég. 「 一夫多妻」というテーマについて取りかかる勇気がなかった、そんな私に勇気をくれたのはセネガル人のFatouだった。彼女はこの家で、夫と、彼の4人の妻と、その子どもたちと暮らしている。

セネガル人の大半はイスラム教信者であり、多くの男性が複数の妻を持っている。戒律では、妻を4人まで持つことが認められている。もちろん「一夫一婦」を好む者もいるが、いずれにしても長所と短所がある。ただ、複数の妻を持つことは、この国では男性の成功のシンボルであり、彼女もそれに惹かれている。彼女の夢は、私たちからすればとてもユニークだった。

「私の夢は裕福な男性の2人目の妻になることなの。1 人目と2人目とでは立場が違うのよ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

都築響一も絶賛! 世界の「違い」を「同じアングル」であぶりだした壮大なドキュメンタリー作品がついに日本上陸!

この連載について

初回を読む
My Room 天井から覗く世界のリアル

ジョン・サックレー

天井から、部屋を覗くと、世界が見えた。ある若きフランス人が6年かけて世界を旅し、55ヵ国1,200人のベッドルームを天井から撮影。格差、矛盾、夢、歴史…、世界の「違い」を「同じアングル」であぶりだしたドキュメンタリー作品。ナショナルジ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません