アフリカの「未来を担う情報科学者」の部屋

「未来の情報科学者の部屋」(ケニア)と「ロリータファッションの部屋」(日本)。ある若きフランス人写真家が6年かけて世界を旅し、55ヵ国1,200人のベッドルームを撮影。世界の「違い」を「同じアングル」であぶりだした壮大なドキュメンタリー作品がついに日本上陸。
都築響一も絶賛! 3月16日発売 『My Room 天井から覗く世界のリアル』より特別連載。

Keniya/ケニア

ケニア:フィンテック最先端の国
人口:4545万人 平均月収:3万4千円 公用語:スワヒリ語、英語

未来の情報科学者の部屋

「ケニアはもはや、ソリューションを開発する立場です! 」
Faith / 18歳 大学生

Habari, karibu katika nchi yanguu! 「 ケニアは、世界で初めて携帯電話を使った送金システムを確立した国なんです。M-Pesaというこのシステムを私たちはとても誇りに思っています! これを使えば、店先で口座に入金したり、

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

都築響一も絶賛! 世界の「違い」を「同じアングル」であぶりだした壮大なドキュメンタリー作品がついに日本上陸!

この連載について

初回を読む
My Room 天井から覗く世界のリアル

ジョン・サックレー

天井から、部屋を覗くと、世界が見えた。ある若きフランス人が6年かけて世界を旅し、55ヵ国1,200人のベッドルームを天井から撮影。格差、矛盾、夢、歴史…、世界の「違い」を「同じアングル」であぶりだしたドキュメンタリー作品。ナショナルジ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません